埼玉、千葉、東京の注文住宅・建て替えならモクハウス(MOK HOUSE) > よくある質問 > 坪単価って何?

FAQよくある質問

注文住宅に関する用語
  • 坪単価って何?

  • 家を建てる際、住宅メーカーや工務店を決めるのに、広告やチラシ、パンフレットなどで、何度か「坪単価」という言葉を目にしたことはありませんか?住宅の価格に関する言葉であることはなんとなくわかっていても、坪単価について、きちんと理解できていない方が少なくないのではないでしょうか。ここでは坪単価について、計算式から相場やチェックする時のポイント、さらに坪単価を抑えるポイント、注意点まで詳しく解説します。






    坪単価とは?



    坪単価とは、家を建てる際の1坪あたりの建築費にかかる費用を表すものです。1坪とは、畳2枚分、およそ3.3平方メートルの土地を指します。坪単価という言葉は、土地の単価として使われることもありますが、ここでは建築物における坪単価について説明をします。坪単価は、基本的に「建物本体価格」を「延床面積」で割って算出され、家を建てる際にかかる費用の目安として参考にされています。



    坪単価計算式



    建物本体価格


    ÷


    延床面積



    ||


    坪単価







    2,800万円


    ÷


    70坪



    ||


    40万円




    上記は基本の計算式ですが、住宅メーカーによって坪単価を計算する際、「延床面積」ではなく「施工床面積」を使用するケースがあります。「施工床面積」は、玄関ポーチやベランダ、小屋裏収納、地下室といった、住空間としての床以外も含まれます。そのため、延床面積より広くなるので、計算上は坪単価が下がることになります。


    坪単価を算出する際に「延床面積」、「施工床面積」どちらを使用するかについては、特に規則は定められていません。住宅メーカーを検討するときに、坪単価を参考にする場合は、「延床面積」、「施工面積」どちらを使って坪単価が計算されているか確認するのが良いでしょう。


    また、家を建てるときには、坪単価の金額は、あくまで住居の建物本体価格にあたる本体工事費を床面積で割った価格になります。実際に家を建てる場合には、本体工事費以外に付帯工事費や諸経費などの料金も発生します。例えば、水回り設備の屋外給排水工事費やエアコンの空調設備費、庭やガレージの外構工事費や地盤改良費などが付帯工事費にあたります。また、雨戸やカーテンレール、照明器具も追加工事が必要な場合があります。諸経費としては、ローンの手数料や税金、地鎮祭、上棟式費用などが本体工事費とは別に必要な経費となります。


    このように、坪単価が安いことを理由に購入を検討しても、その他の工事費用や諸経費によって予算がオーバーしてしまうことがあるので注意が必要です。購入前には必ず坪単価に含まれている本体工事費に加えて、その他の工事費用・諸経費について、建設会社や住宅メーカー、工務店に確認するようにしましょう。





    坪単価の相場はどのくらい


    坪単価は家を建てる費用の目安として住宅メーカーや工務店を選ぶ際に参考にされます。では、相場はどれくらいなでしょうか。ここでは、坪単価の相場について、良く比較される住宅メーカーと工務店の坪単価の相場はいくらなのか解説していきます。


    住宅メーカーの坪単価


    住宅メーカーの中でも、低価格帯のローコスト住宅を中心に販売しているメーカーと、高価格帯の高級住宅を扱うメーカーとに坪単価の相場は異なります。ローコスト注文住宅の坪単価の相場は、30万円~50万円が一般的です。注文住宅を低価格帯で建てるための方法として、間取りや外観、内装などの材料やデザインをシンプルにして、規格化されたプランから選んで組み合わせて施工するケースが多く見られます。




    埼玉・千葉・東京でローコスト注文住宅を建てるならポラス


    ポラスグループは、埼玉・千葉・東京を中心に年間引き渡し2,500戸以上、新築住宅累計4万戸以上の実績を誇ります。地域密着だからこそできる責任一貫施工体制やアフターサービス、不動産事業部との連携が住まいづくりとお引き渡し後の安心をご提供しています。お近くのショールームへお越しください。




    高価格帯の高級住宅を扱うメーカーの坪単価は、70万円以上が相場と言われています。テレビコマーシャルで良く目にする大手住宅メーカーになると坪単価は90万円以上にもなるようです。高価格帯の注文住宅になると、間取りから外観や内装のデザインも自由に設計ができます。標準に装備されるキッチンやバスルーム、トイレも高品質で高いグレードのタイプが使用されます。また、高価格帯の住宅メーカーは、高気密・高断熱の地球や環境に優しいエコ住宅も得意としているメーカーが多いのも特徴です。


    工務店の坪単価


    工務店に家の建築を依頼した場合の坪単価は、50万円以上が相場となっています。一般的に、大手住宅メーカーの7割程度の費用で同等の設備やデザインの住宅が建てられると言われています。


    住宅メーカーの方が工務店より坪単価が高い理由


    一般的に同じグレードの家を建てた場合、大手住宅メーカーで建築した方が割高な坪単価となります。その理由は、工務店に比べて大手住宅メーカーは以下の3つの間接費用にかける金額が大きいからと言えます。


    宣伝広告費


    大手住宅メーカーの方が工務店より坪単価が高い理由として、第一に挙げられるのが、宣伝広告費でしょう。大手住宅メーカーは有名タレントをテレビコマーシャルに起用して、テレビ以外のインターネット、新聞、雑誌などさまざまな媒体を使って広告活動を行います。各大手住宅メーカーは、莫大な費用を宣伝広告に投じて、集客を行っています。


    ショールームや展示場の費用


    大手住宅メーカーはアクセスが良く、地価の高い地域にショールームやモデルハウスが建てられた展示場を保有しています。これらにかかる費用の他に、ショールームやモデルハウスの接客スタッフなどの人件費も必要になります。


    営業経費


    地域密着の工務店の場合、地域を限定して営業を行うため出張費や電話代、通信費などの経費が抑えられます。一方、大手住宅メーカーは全国を対象とするため、その分営業を行うための経費は膨らみます。






    坪単価をチェックする時のポイント


    坪単価の算出は、住宅メーカー、工務店、建設会社によって、建物本体価格に「延床面積」または「施工床面積」で割るのかまちまちです。延床面積の場合は、玄関ポーチやベランダなどの面積が含まれていないため、割る面積、すなわち坪数が小さい分、坪単価は高くなります。逆に延床面積に含まれない場所を含める施行床面積の坪数で割ると、坪単価は下がります。家を建てる際に坪単価を参考にする場合は、住宅メーカーや工務店にどちらの面積で坪単価を計算しているのか確認するようにしましょう。


    また、坪単価の計算には、ほとんどの場合、クーラーや照明器具、雨戸、カーポート、カーテンレールなどに必要な追加工事費が含まれません。他にもローンの手数料や税金、地鎮祭、上棟式費用などの諸経費も別途かかるケースがあります。家を建てる際には、追加工事費や諸経費についても、建物本体工事費用に含まれているか確認することが必要です。





    坪単価を抑えるポイント


    前項でも解説したように、家の建設を依頼する住宅メーカーや工務店に本体工事費用全体を確認して、把握することが坪単価を抑える第一のポイントです。


    坪単価を抑えるために、初期にかかる本体工事費用をなるべく下げる方法としては、屋根の形状を「片流れ」にすると良いでしょう。本を伏せたような形状をしたオーソドックスな「切妻」に比べて、一方向だけに勾配のある「片流れ」にする面積も少なく雨水を貯めて排水させる建材の雨樋も少なく済みます。


    他にも、1階と2階を正方形に近い形の同じ床面積にすると、外観が凹凸の少ないシンプルな外壁になるので、外壁量が少なくなり、建材や工期、人件費も抑えることができます。


    内装についても、壁紙は一般的に張替え時期が5年~10年と言われています。比較的短い期間の消耗品の壁紙にコストをかけ過ぎないで、工事費用をセーブすることも、坪単価を抑えるポイントとして挙げられます。





    家を購入する際の注意点


    坪単価だけを基準に判断しない


    建築物を購入する際には、単純に坪単価だけを基準に判断してはいけません。ただし、同じ住宅メーカーや工務店、建設会社の商品を比較する場合に限っては、坪単価でグレードの違いを確認することは可能です。


    坪単価は不動産を比較する数字ではありますが、あくまでも参考値であり、計算法によって数字が異なったり別途費用がかかったりと、実際に見積もった際には、割高となるケースも考えられます。家の購入や注文住宅を建てる時に、坪単価で比較するのであれば、あくまでもおおよその目安として役立てるようにしましょう。


    将来のメンテナンスも考える


    家の建築が終わって、実際に住んでからを考えることも大事です。建築費の初期コストは高額で坪単価が高くなっても、その後のメンテナンスやランニングコストを考慮し、手間や費用がかからなければ長い目で見たトータルコストは安く抑えられるという場合もあります。例えば、断熱や気密の機能を高めるため本体工事費を高くして、坪単価が上がっても、断熱性、気密性の高い住宅であれば光熱費を安く抑えることができるでしょう。
    また、住宅購入後のアフターメンテナンスなどのフォローがどうなっているのか、どのようなサービス内容なのか、比較する各住宅メーカーや工務店に確認することをおすすめします。



    注文住宅と建売住宅のメリットを得られるモクハウスでの家づくり
    モクハウス(MOK HOUSE)では、注文住宅と建売住宅の“良いとこ取り”をしています。「注文住宅のメリットと、建売住宅のメリットの良いとこ取りをしたい…」「家の品質は妥協したくない。でも、なるべくリーズナブルにしたい…」そんなわがままはできないだろうと思っていませんか? モクハウスはポラスの家づくり品質のノウハウを活かして、品質はそのままに、価格をリーズナブルにすることを追求しました。施主様のご希望に沿った家づくりをリーズナブルな価格帯で行える魅力があります。家づくりをお考えの方は、ぜひともモクハウスのご利用をご検討ください。





新座ショールームの入口
  • 新座ショールーム
  • 0120-984-787
  • 埼玉県新座市野火止4-4-41
春日部ショールームの右側外観
  • 春日部ショールーム
  • 0120-98-3334
  • 埼玉県春日部市谷原2-3-24
体感すまいパーク船橋外観
  • 体感すまいパーク船橋
  • 047-419-6144
  • 千葉県船橋市西船1-1-9
体感すまいパーク柏外観
  • 体感すまいパーク柏
  • 04-7195-0116
  • 千葉県柏市旭町8-2-10
PAGE TOP