埼玉、千葉、東京の注文住宅・建て替えならモクハウス(MOK HOUSE) > よくある質問 > スマートハウスってどんな家?ZEHって何のこと?

FAQよくある質問

注文住宅に関する用語
  • スマートハウスってどんな家?ZEHって何のこと?
  • スマートハウスは、IT技術を使って家庭内におけるエネルギー消費を制御し、常に最適な状態を維持できる住宅のことです。そして一方のZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で、様々な技術の活用や生活の改善によって、使うエネルギーと作るエネルギーの量の収支を合わせ、エネルギー使用量を実質ゼロにする住宅のことをいいます。スマートハウスもZEHも、その定義こそ違いますが、どちらも地球環境に配慮する点、エネルギー消費をコントロールする点で共通しています。



     



    スマートハウスとZEHを実現するシステムHEMS





    スマートハウスやZEHは主に、太陽光発電や蓄電池といったエネルギー機器、家電、住宅機器をコントロールし、エネルギーの消費を制御することで実現します。これらのエネルギー管理をするシステムを総称してHEMS(ヘムス)と呼びます。HEMSは、Home Energy Management System(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)の略です。HEMSを利用することで、家庭の生活パターンに合わせてエネルギー消費が自動で最適化されます。使用スマートハウスは環境にやさしいというだけではなく、節約面においてもメリット豊富な住宅となっています。



     



     



    スマートハウスは環境とお財布に優しい





    スマートハウスやZEHを建てることで、環境にとてもいい効果を与えます。最新のIT技術を使用し、エネルギーコントロールをすることで、排出するCO2の削減につなげられます。そのため地球温暖化防止に一役買えるのです。住んでいる人にとっては、光熱費の節約にもつながります。スマートハウスは、上記のとおり生活スタイルに合わせて自動的にエネルギー消費が最適化されるため、無駄なエネルギー消費を抑えることができるのです。また、エネルギーの使用状況がモニターなどを通して見ることができるようになるため、無駄な使用を控えようとする意識につながります。



     



     



    ZEHで使う電力から作る電力へ





    スマートハウスやZEHを実現するためには、消費エネルギーの管理だけではなく、エネルギーを住宅で作る必要もでてきます。太陽光発電の仕組みを備えておけば、住宅でも電気を作り出すことができます。さらに蓄電池を設置すれば、余った電力を蓄えておくことが可能です。電力が余ったときに蓄電池に電力を貯めておき、足りないときに電池から使用することで、住宅内で無駄なく電力を使うことができるようになります。



     

PAGE TOP