埼玉、千葉、東京の注文住宅・建て替えならモクハウス(MOK HOUSE) > よくある質問 > スキップフロアって?メリットとデメリットは?

FAQよくある質問

自分好みの家づくり
  • スキップフロアって?メリットとデメリットは?
  • スキップフロアとは、フロアの高さをずらして中間階を作る建築構成のことです。ここでは、スキップフロアの特徴やメリット・デメリットについて説明します。



     



    スキップフロアの特徴





    スキップフロアを用いることで、住宅内に高低差を生むことができます。これにより、デザイン性に富み、遊び心の感じられる空間を演出することが可能です。また、壁や扉を用いずに空間を仕切ることができるため、開放感が生まれ、家族が顔を合わせる時間も自然と増えるでしょう。



     



     



    スキップフロアのメリット





    スキップフロアの家のメリットは、フロアの高さをずらすことによってデッドスペースを減らし、空間を広く使えることです。フロアに段差ができることで部屋の間に仕切りが生まれ、壁や扉がなくても自然と独立した空間が確保できます。壁や扉を必要としない分、空間を広くとったり、収納スペースとして活用ができるのです。また、スキップフロアは家を平面的に利用するだけではなく、空間をタテに有効活用することができます。そのため、都市部の狭い住宅や、高低差のある土地に建てる住宅に、おすすめの建築構成と言えます。



     



     



    スキップフロアのデメリット





    スキップフロアのデメリットとして挙げられるのは、コスト面です。フロアの数が増える分、手間や材料が必要となり、コストを必要とします。工期も通常の住宅に比べて長くなる傾向にあります。またスキップフロアは開放感があるため、一般的な家に比べて空調が効きにくく、光熱費の負担が増える可能性があります。しかし、設計次第でその問題を緩和することもできるため、間取りを決める際に建築業者に相談することをおすすめします。またスキップフロアはエレベーターの設置が難しい住宅になります。そのため高齢者と一緒に暮らす場合には工夫が必要です。



     



    このようにスキップフロアにはメリット・デメリットがあります。スキップフロアの家を考える際は、メリットとデメリットを十分に理解したうえで建築業者と話し合って決めるようにしましょう。



     

PAGE TOP