埼玉、千葉、東京の注文住宅・建て替えならモクハウス(MOK HOUSE) > よくある質問 > スキップフロアって?メリットとデメリットは?

FAQよくある質問

自分好みの家づくり
  • スキップフロアって?メリットとデメリットは?

  • 壁や扉などの仕切りがなく、段差で区切られたスペースを指す「スキップフロア」。家を建てる土地が狭いけどできるだけ広い空間を持ちたい、収納スペースを多く欲しいなどの要望に応えてくれます。スキップフロアを取り入れると、使える床面積が増える、収納が増えるなど、空間を有効に活用することができます。ここでは、そんなスキップフロアのメリットだけではなく、デメリットについても解説します。






    スキップフロアとは



    スキップフロアとは、住宅の1階や2階から0.5階分上がった場所にフロアを設け、高さをずらして中間階を作る建築構成のことです。スキップフロアを用いて、住宅内に高低差を生むことにより、デザイン性に富み、遊び心の感じられる空間を演出することが可能です。また、壁や扉を用いずに空間を仕切ることができるため、開放感が生まれ、家族が顔を合わせる時間も自然と増えるでしょう





    スキップフロアのメリット


    メリット①:空間を広く使える



    まず最初に挙げられるスキップフロアのメリットは、フロアの高さをずらすことによって、さまざまな空間が作れることです。例えば、段差でできた場所の床下に収納スペースを確保したり、高さをずらしてできたフロアを多目的スペースにして、その下を子供のスタディコーナーにしたり、デッドスペースを減らし、空間を広く使えます。そして、フロアに段差ができることで部屋の間に仕切りが生まれ、壁や扉がなくても自然と独立した空間が確保できます。また、壁や扉を必要としない分、空間を広くとることができ、開放的な印象を与えます。



    ほかにも、スキップフロアは家を平面的に利用するだけではなく、空間をタテに有効活用するため、都市部の狭い住宅や、高低差のある土地に建てる住宅に、おすすめの建築方法と言えます。建築基準法上、3階建て住宅を建てることが難しい場合でも、スキップフロアであれば、段差で床を増やすことができ、床面積を効率的に増やせます。


    メリット②:家族を身近に感じられる


    スキップフロアは壁や扉がない分、家の中を見渡すことができます。例えば、キッチンで料理をしていても、スキップフロアで子供が遊んでる姿を見ることができるので安心して家事をすることが可能です。また、リビングルームから目が届くスキップフロアを書斎として利用した場合は、書斎にいても、リビングにいる家族と会話ができます。


    家族それぞれが、子供部屋や書斎などにいると、距離感が出てしまいがちです。スキップフロアであれば、同じ空間にお互いの気配を感じやすいので、コミュニケーションも活発になり、家族が身近に感じられます。


    メリット③:日当たりと風通しが良くなる


    リビングの吹き抜けともつながっており、壁ではなく段差によって仕切られているスキップフロアは、太陽の光がスキップフロアの下の階まで届きやすく、すべての層に日が当たり明るいスペースを作りやすくなります。特に南側の床の高さを上げれば、家の奥まで日の光を届けることができるでしょう。また、スキップフロアは風を遮る壁や扉がないため、窓の位置を工夫したり、床と床の段差を利用したりすれば、風通しも良くなります。





    スキップフロアのデメリット


    デメリット①:コスト高になる



    スキップフロアのデメリットとして最初に挙げられるのは、コスト面です。フロアの数が増え、複雑な構造の設計が必要になり、手間や材料費もかかるので、コストがかかります。工期も通常の住宅に比べて長くなる傾向にあります。


    デメリット②:空調が行き届かない



    スキップフロアは基本的に天井が高い場合が多く、壁や扉で仕切りを作らない分、開放感があるため、一般的な家に比べて空調が効きにくく、冷暖房の効率が落ちる可能性があります。光熱費の負担が増える傾向があるため、設計の際には断熱性、気密性、空調設備を考慮することが大切です。設計次第で空調と光熱費の問題を緩和することもできるため、間取りを決める際に建築業者に相談することをおすすめします。


    デメリット③:段差が増える


    スキップフロアはフロアの高さをずらして、段差を作ることが前提のため、必然的にバリアフリーではなくなります。そのため、お年寄りや小さなお子様がいる家庭にとっては、段差でつまづいてしますなどのデメリットになります。また、スキップフロアはエレベーターの設置が難しい住宅になります。エレベーターの設置を検討している場合には工夫が必要で、あらかじめ設計プランに組み込めるかどうか施工業者に相談するのが良いでしょう。





    スキップフロアを作る際はここに注意!


    スキップフロアのメリットとデメリットを解説してきましたが、ここでは、さらにスキップフロアを取り入れる際の注意点を首魁します。


    スキップフロアの設計・施工には経験と実績が必要


    ひとつの空間に収納スペースや書斎、子供の遊び場などさまざまな用途を目的としたスペースが作られるスキップフロアは、日当たりや風通し、音の響きの調整、プライバシーの確保など、一般的な戸建て住宅以上に考慮すべき点が少なありません。図面だけでは、イメージをつかむことが難しいので、設計の段階で、3D画像や模型で見せてもらえないと、理想の空間を実現することから遠のいてしまします。また、設計だけではなく、スキップフロアの施工に慣れていて、経験と実績がある建築会社に依頼するのが良いでしょう。



    埼玉・千葉・東京でローコスト注文住宅を建てるならポラス


    ポラスグループは、埼玉・千葉・東京を中心に年間引き渡し2,500戸以上、新築住宅累計4万戸以上の実績を誇ります。地域密着だからこそできる責任一貫施工体制やアフターサービス、不動産事業部との連携が住まいづくりとお引き渡し後の安心をご提供しています。お近くのショールームへお越しください。




    自治体により建設許可の判断が分かれる


    家を建てる前には、建築物や地盤が建築基準法に適合しているか、設計書などをそろえて自治体に申請します。申請は設計事務所や施工会社、建築会社が行うのが一般的です。自治体は建築基準法に照らし合わせて建築物を審査しますが、スキップフロアについては建設許可の要件を満たすか否かの判断が分かれています。高さが1.4メートル以下で、なおかつ設置されている床の面積2分の1未満の収納スペース分のスキップフロアであれば床面積としてカウントされない場合がほとんどですが、スキップフロアを床面積として算入するルールを採用している自治体やスキップフロア自体を認めていない自治体があります。建設許可を得るためにも、スキップフロアの建築に経験と実績がある建築業者に任せることが大切です。


    固定資産税が上がる


    家を建てた後は、毎年固定資産税を納める義務があります。固定資産税は「住宅の床面積=家の資産価値」として計算されます。床に段差を設けてスペースを広げるスキップフロアは、通常の1階建てや2階建ての住宅と比較して床面積が多くなります。そのため、スキップフロアの住宅は固定資産税がその分、一般的な住宅に比べて高くなることを留意する必要があります。


    スキップフロアについて、メリットとデメリット、そして注意点を解説しました。スキップフロアには魅力的な良い点もありますが、注意しなければならない点もあります。スキップフロアの家を考える際は、メリットとデメリット・注意点を十分に理解したうえで、設計事務所や施工会社、建築会社と話し合って決めるようにしましょう。



    スキップフロアもローコスト住宅のモクハウスで


    自分らしい住宅をローコストで実現させる(MOK HOUSE)では、スキップフロアを取り入れたローコスト住宅も実現可能です。使える床面積が増える、収納が増えるなど、空間を有効に活用することがでるスキップフロアの施工実績も多く、理想の住宅を手に入れるお手伝いを承っております。MOK HOUSEならではの、コストを抑えつつ、開放的で広々とした空間が得られる、魅力的なスキップフロアをご提供します。











新座ショールームの入口
  • 新座ショールーム
  • 0120-984-787
  • 埼玉県新座市野火止4-4-41
春日部ショールームの右側外観
  • 春日部ショールーム
  • 0120-98-3334
  • 埼玉県春日部市谷原2-3-24
体感すまいパーク船橋外観
  • 体感すまいパーク船橋
  • 047-419-6144
  • 千葉県船橋市西船1-1-9
体感すまいパーク柏外観
  • 体感すまいパーク柏
  • 04-7195-0116
  • 千葉県柏市旭町8-2-10
PAGE TOP