埼玉、千葉、東京の注文住宅・建て替えならモクハウス(MOK HOUSE) > よくある質問 > 平屋のメリット・デメリットは?

FAQよくある質問

自分好みの家づくり
  • 平屋のメリット・デメリットは?
  • 家の外観イラスト


    1フロアですべての生活が完結する平屋は部屋間の移動がしやすく、2階建て以上の住宅のように階段の昇り降りの必要もありません。階段自体がないため、転倒といった家の中での事故リスクを減らすことができ、特に小さな子供や高齢者を持つ家庭にとっては魅力的です。ここでは、平屋の特徴とメリット・デメリット、平屋を建てるときの注意点を紹介します。






    平屋の特徴を教えて


    平屋とは、家の中に階段がなく、リビング、ダイニング、キッチン、寝室、バス・トイレなどが1フロアに全て揃っている「1階建ての家」のことを言います。平屋のイメージはサザエさん家のような昔ながらの日本家屋を思い浮かべる人がいるかもしれませんが、最近ではデザインや間取りにこだわり、モダンで天井を高くとれるなど広い空間が確保できる平屋を選択する人が増えているようです。


    2階や3階がない分、建築費が抑えられるのが特徴として挙げられます。また、重量は軽いけれど重心が安定しているので、大きな地震に襲われても揺れが小さいのも特徴のひとつです。さらに平屋は壁面積が小さいため、台風による被害を受けにくく、総じて災害に強い家になると言えるでしょう。






    平屋のメリットとは?


    メリット①:バリアフリーを実現しやすい


    平屋には2階建て以上の住宅のように上り下りする階段がないため、フラットなバリアフリーの家が建てやすいというメリットがあります。階段自体がないため、転倒といった家の中での事故リスクを減らすことができ、特に小さな子供や高齢者、足が不自由な家族を持つ家庭にとっては魅力的です。


    メリット②:効率良い導線を作りやすい


    平屋は昇り降りの移動はなく、平行移動だけで、家事や生活をすることができるため、部屋間の移動が容易になり、効率の良い導線が作りやすくなります。掃除のときも、違うフロアに掃除機を持ち運ぶする必要がなく、掃除がしやすいでしょう。


    メリット③:冷暖房効率が良い


    2階建て住宅では、1階が寒く2階が暑くなりがちです。また、1階の暖房や冷房が上の階に逃げてしまうこともあります。しかし、平屋であればそのようなことはまずありません。各部屋でエアコンを使用したとしても、各部屋の温度差が少なく電気代も抑えられます。平屋住宅で、間仕切りを少なくすれば、エアコン1台で家全体の冷暖房をまかなえる場合があります。


    メリット④:換気がしやすい


    2階建ての家の場合、換気をするのに1階と2階の空気を循環させる工夫が必要です。平屋の家なら仕切りの少ない間取りにすることで、風通しの良い空間をつくりやすくなります。また、平屋は2階がないため、その分天井を高くして大きな窓を設けたり、開口部を広く取ったりすることで、より風通しの良い環境を作ることができ、換気の心配がありません。


    メリット⑤:地震や台風に強い


    平屋は高さがなく、構造的に重心が地面に近く、支える重さが少ないため、強い地震や台風の影響を受けにくいと言われています。地震や台風などの強い風の影響を受けた場合、重心が高い建物ほど揺れが大きくなることは想像できるでしょう。その点、重心が地面に近い平屋は、上層階がある2階建て以上の建物に比べて、構造的に安定しやすいメリットがあります。


    メリット⑥:開放感のある空間を作れる


    平屋は2階がない分、設計の自由度が高いです。天井を高くとることにより、開放感ある空間を作り出すことができます。


    メリット⑦:メンテナンス費用を抑えやすい


    住宅のメンテナンスという点でも平屋は優れています。2階建て以上の住宅であれば外壁などのメンテナンスの際に足場を組まなくてはいけませんが、平屋だとその必要がないため、メンテナンスにかかる費用も抑えることが可能です。


    メリット⑧:家族でコミュニケーションが取りやすい


    平屋は1フロアですべての部屋があり生活が完結するため、家族と顔を合わせる機会が多くなり、お互いの様子を良く知るこができます。例えば、子供部屋が2階で、玄関近くに階段があると、子供が帰宅したときに顔も合わせず、自分の部屋に直行してしまい、子供の様子を見逃がしてしまうケースがあります。平屋であれば、家族と顔を合わせる機会も増え、お互いの様子を確認することができ、コミュニケーションもとりやすくなります。






    平屋のデメリットとは?


    デメリット①:日当たりや風通しが悪くなる可能性がある


    平屋を建てる際に、建築面積が広いと、家の中心部には窓を設けることができず、日当たりや風通しが悪くなってしまう場合があります。細長くしてどの部屋にも窓を設置する、コの字やロの字して、中庭を設けるなど、家の形状を工夫して、開口部を設け、日当たりと風通しに配慮することが必要です。


    デメリット②:防犯対策が必要になる


    2階以上の住宅にも言えることですが、1階部分に窓が多いと屋外への出入口が増えるため、侵入者を防ぐため防犯面に注意をする必要があります。窓ガラスを2重にする、防犯フィルムを貼る、家の周りに、踏むと音が出る砂利を敷く、センサーライトを設置するなどの防犯対策を施すと良いでしょう。


    デメリット③:部屋数を増やすには広い土地が必要になる


    同じ部屋数を2階建てと平屋で設ける場合、2階建てなら、1階と2階に分けて部屋を作ることができます。しかし、平屋はすべての部屋を同じフロアに作らなければならないので、2階建てよりも広い敷地が必要になります。土地の安い地域であれば、ゆったりとした平屋を建築することもできますが、都市部のように土地代が高く隣の家との間隔も狭い場所では、土地を確保するのが難しくなるでしょう。


    デメリット④:プライバシーの確保が難しい


    平屋のメリットのひとつに、1フロアにすべての部屋があるため、家族とのコミュニケーションが取りやすいことを挙げましたが、逆を言えばお互いのプライバシーを確保するのが難しいというデメリットにもなります。また、大きな窓を設けると、道路や隣家から丸見えになってしまい、暮らしのプライバシーが守りにくいということも懸念点です。事前に敷地周辺の人や車の往来状況を確認して、間取りや窓の配置やサイズを決めることが大切です。


    デメリット⑤:建築費にかかる坪単価が高くなる場合がある


    坪単価とは、家を建てるときの1坪あたりの建築費のことを言います。1坪の大きさは畳2枚分、約3.3㎡です。一般的に家を建てるときの金額の目安として参考にされています。同じ床面積の平屋と2階建てを比べると、基礎部分の面積が平屋は2階建ての倍になるため、基礎工事に必要な費用の坪単価が上がってしまう場合があります。また、屋根も平屋のほうが大きくなるため、屋根工事費も平屋のほうが高くなります。





    平屋はこんな方におすすめ


    前述で紹介した平屋のメリットとデメリットを考えた上で、平屋は以下のような方におすすめです。




    • 長く住むことを考えると、家の中に段差を作りたくない

    • 効率の良い家事動線を実現したい

    • 掃除がしやすい家にしたい

    • 2階はいらないから、コンパクトな間取りの家にしたい

    • 夫婦2人で暮らすため、大きな家が必要ない

    • 暖房効率が良く換気がしやすい家にしたい

    • 地震や台風など、災害に強い家にしたい

    • 外壁のメンテナンス費用を抑えられる家にしたい

    • 家族で顔を見合わせる時間を増やしたい






    2階建てと比べてどうなの?


    2階建ての特徴


    2階建ては、土地が狭くても2階建てにすることで延床面積が広く取れ、部屋数を確保できるのが特徴として挙げられます。また、フロアを分けることにより、家族との距離を保ち、プライバシーを確保しやすいのも特徴です。一方、敷地面積に対して、高さがある分、地震や台風などの強い風で揺れの影響を受けやすいので、強度が求められます。



    平屋と2階建ての税金の違い


    各階の床面積の合計である延べ床面積が平屋と2階建てと同じ場合、平屋のほうが税金は高くなります。これは平屋のほうが2階建てより多くの土地が必要となるためです。必要となる土地が広い分、固定資産税評価額も高くなります。なお、土地は2つとして同じものはなく、その価値も異なります。ここでの比較は、同じ地域・場所・環境・価値という前提です。


    また、平屋は屋根や壁の分量が2階建てと比べると多くなりやすいため、この点も固定資産税評価額が高くなる要因になります。


    平屋と2階建てを決めるときのポイント


    部屋数にゆとりのある平屋を建てる場合、都市部では広い敷地を確保することが難しいため、2階建てが一般的です。一方、郊外であれば、理想の部屋数がつくれる広い土地を確保できる可能性が広がります。以下に、「予算」、「土地の広さ」、「家族構成」、「生活導線」の4つの項目別、平屋と2階建てを決めるときのポイントを紹介します。


































    項目

    平屋

    2階建て

    予算

    2階建てと同じ部屋数を確保しようとすると、土地代、基礎工事、屋根の費用が割高になる場合があります。

    坪単価では割安になっても、総建築費自体は2階建てのほうが大きくなる場合があります。

    土地の広さ

    2階建てと同等の部屋数を確保するにはそれなりの広い土地が必要です。

    限られた敷地でも、2階建てにすることにより、欲しい部屋数を確保できます。

    家族構成

    お年寄りや子供に優しいバリアフリーの家が建てやすく、家族のコミュニケーションが取りやすいです。

    2世帯でもプライバシーが確保できる生活空間です。

    生活導線

    1フロアに水回りの設備からリビング、ダイニング、キッチンやそれぞれの部屋があるためシンプルな生活導線になります。

    年齢を経てからは、階段での昇り降りは大変です。





    平屋を建てるときの注意点


    周辺環境を良く確認する


    平屋を建てる土地によっては、家の中に日が入ってこなかったり、風通しが悪くなったりしてしまう場合があります。また、道路や隣家との距離が近いなどプライバシー確保の面においても都市部に建てるのか、郊外に建てるのかによって、生活は左右されます。作りたい部屋数によっては、ある程度の広さの敷地が必要になるため、確保できる土地も場所によって変わり、平屋に適さない土地もあります。そのため、平屋を建てることを決めた場合は、土地探しの段階から十分に注意して平屋を建てる土地の周囲環境をしっかり確認することが大切です。


    間取りをしっかり考慮する


    平屋は1フロアで生活空間が完結するため、暮らしやすいイメージを持たれがちですが、平屋はリビング・ダイニング・キッチン、寝室・子供部屋などの部屋やバス・トイレの配置、すなわち間取りで使い勝手や住みやすさが左右されます。つまり間取り次第ではとても住みにくい家になってしまう場合があるのです。各部屋の機能や関係、窓の配置をしっかり考慮し、日当たりや風通しも良い間取りを設計する必要があります。




    モクハウス(MOK HOUSE)で1フロアにすべてが揃う住まい




    理想の住宅をローコストで提供するモクハウス(MOK HOUSE)に、移動しやすく、1フロアですべてが完結するコンパクトかつ伸び伸びとした住まいの平屋の建設もお任せください。子供が独立して夫婦2人でセカンドライフの棲家として、小さい子供を育てるためなど、お客様の目的や要望をリーズナブルな価格で実現します







    モクハウス(MOK HOUSE)の平屋










新座ショールームの入口
  • 新座ショールーム
  • 0120-984-787
  • 埼玉県新座市野火止4-4-41
春日部ショールームの右側外観
  • 春日部ショールーム
  • 0120-98-3334
  • 埼玉県春日部市谷原2-3-24
体感すまいパーク船橋外観
  • 体感すまいパーク船橋
  • 047-419-6144
  • 千葉県船橋市西船1-1-9
体感すまいパーク柏外観
  • 体感すまいパーク柏
  • 04-7195-0116
  • 千葉県柏市旭町8-2-10
PAGE TOP