埼玉、千葉、東京の注文住宅・建て替えならモクハウス(MOK HOUSE) > よくある質問 > 注文住宅のローンの種類と注意点は?頭金は必要なの?

FAQよくある質問

注文住宅の基本
  • 注文住宅のローンの種類と注意点は?頭金は必要なの?
  • 住宅の購入資金は、教育資金・老後資金などと並んで一度に用意するのが大変難しいものです。マイホームで暮らす、という夢を叶えたい。でも貯蓄だけでは賄えない…そんな時に不足分を助けてくれるのが住宅ローンです。最後まで無理なく返済するために、知っておきたい住宅ローンの種類や注意点などをご紹介します。






    住宅ローンとは?


    住宅ローンとは、住宅の購入や増改築などに際して金融機関から借り入れるお金のことをいいます。





    住宅ローンの金利タイプとは?


    住宅ローンの金利タイプは主に3つに分けられます。「固定金利型」、「変動金利型」、「固定金利期間選択型」の3つです。どの金利タイプを選択するかによって、金利に差が出るので、最終的な総返済額も変わってきます。そのため、住宅ローンを選ぶときはまずは金利タイプに注目する必要があります。また、金利タイプを先に知っておくことで、それぞれの住宅ローンを理解しやすくなります。


    固定金利型


    固定金利型は、返済開始当初から完済まで金利が決定していて借入金利が変わらないタイプの住宅ローンです。市場金利が変動した場合でも借入金利は変わりません。そのため返済額も変動しないので家計管理がしやすく、返済計画を立てやすいのが特徴です。ただし、変動金利型や固定金利期間選択型と比較すると、同じタイミングで借入れる場合には固定金利の方が借入金利は高く設定されることが一般的です。


    変動金利型


    変動金利型は半年ごとに金利が見直され、その金利の動きをもとに5年ごとに返済額が見直されるタイプです。ただし、金利の変動に伴って返済額が上昇する場合でも、従来の返済額の1.25倍までという上限が定められています。一般的に、固定金利型に比べて当初の適用金利は低めになっていますが、その後の金利上昇リスクを負うことになります。


    固定金利期間選択型


    固定金利期間選択型は返済開始当初の一定期間、2年、3年、5年、10年などの固定金利期間を選択することができ、期間終了後は自動的に変動金利型に移行する住宅ローンです。固定金利期間が終了した後に、再び固定金利を継続できるタイプもあります。また、選択できる期間のラインナップは金融機関によって異なります。






    住宅ローンの借入先の種類とは?


    住宅ローンには、状況や希望に応じて選べる複数の借入先が存在し、大きく「民間融資」、「公的融資」、民間金融機関と独立行政法人が提携して行う「協調融資」の3種類に分けられます。


    商品の種類が豊富な「民間融資」


    民間融資は、銀行や保険会社、ローン専門会社などといった民間金融機関から資金を借りる住宅ローンです。民間融資では、固定金利型、変動金利型、固定金利期間選択型など、様々な金利タイプを利用できます。民間融資の特徴は、金融機関ごとに様々なプランが用意されている点です。例えば、固定金利型や変動金利型などの複数の金利タイプを組み合わせて、ライフプランに合わせた借り入れをすることができます。


    民間融資の中には、不動産会社やハウスメーカーが金融機関と提携して提供される住宅ローンがあり、それを提携ローンや提携住宅ローンと言います。提携している企業の住宅購入について、金利の優遇などのメリットがあることが特徴です。不動産業者やハウスメーカーに提携ローンの取扱いがない場合や、融資条件がよりご自身に合っているものを探したいなどの場合は、複数の住宅ローンを比較して直接金融機関に相談してみるのもよいでしょう。


    多額の融資も期待できる「公的融資」


    公的融資とは、公的機関による住宅ローンのことをいいます。公的融資の中でも代表的なものが財形融資です。これは、勤務先で財形貯蓄をしている人が利用できる住宅ローンです。財形貯蓄とは、給料から天引きされた一部を資金として、銀行や保険会社を通して積み立てる貯蓄制度のこと。財形融資は、勤務先で財形貯蓄を1年以上継続したうえで、50万円以上の残高があることが条件となります。借り入れ可能額は、貯蓄額の10倍、最大4,000万円です。また、財形融資は、民間融資と併せて利用することも可能です。


    公的融資にはこのほか、各都道府県や市町村が独自に行う自治体融資があります。制度の内容は自治体によって異なりますので、住んでいる自治体に問い合わせてください。


    モクハウスはポラスの家づくり品質のノウハウを活かして、施主様のご希望に沿った家づくりをリーズナブルな価格帯で行うことを追求しました。家づくりをお考えの方は、ぜひともモクハウスにご相談ください。




    モクハウスはポラスの家づくり品質のノウハウを活かして、施主様のご希望に沿った家づくりをリーズナブルな価格帯で行うことを追求しました。家づくりをお考えの方は、ぜひともモクハウスにご相談ください



    \リーズナブルな理由をチェック!/

    モクハウス(MOK HOUSE)が
    リーズナブルな理由とは







    民間融資と公的融資の中間にある「協調融資」


    協調融資として代表的なのがフラット35です。フラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構が連携し提供する、全期間固定金利型住宅ローンです。最長で35年間、固定金利となるたるため、返済期間中に金利が上昇して返済金が増えることはなく、安心して返済することができます。借り入れ時に、返済終了時までの金利と返済金額が確定しているため、将来の計画が立てやすいというメリットがあります。さらに銀行、信用金庫、保険会社といった、幅広い窓口を通して申請できるのも特徴です。


    このように住宅ローンの借入先は複数あります。また、建設会社によっては提携している金融機関があり、その建設会社独自の金利の優遇を受けることが出来る場合もあります。選んだ住宅ローンによって、将来的な支払いプランも変わってくるので、十分に検討して決めるようにしましょう。





    住宅ローンの返済方法の種類とは?


    住宅ローンの返済方法には「元利均等返済」と「元金均等返済」があります。


    元利均等返済


    元利均等返済とは元金返済額と利息の合計額が毎回同じ金額になる返済方法をいいます。返済額が一定なので家計管理がしやすいのが特徴です。元利均等返済では返済開始当初は利息の返済の割合が大きく、返済が進むにつれて徐々にその割合が減っていきます。同じ額を借入れた場合、元金均等返済より総返済額は大きくなります。


    元金均等返済


    返済額のうち元金の返済額が毎回同額になる返済方法を元金均等返済といいます。第1回目の返済額がもっとも大きく、返済が進むにつれて返済額が減っていくのが特徴です。元利均等返済と比較して借入可能額は小さくなりますが、同じ額を借入れる場合、元利均等返済より総返済額は少なくなります。


    住宅ローンの返済方法を検討する際は、総返済額以外の要素についても十分に検討するようにしましょう。定額返済の方が資金面の計画を立てやすいという場合もありますし、当初の返済額が大きいか小さいかという要素を重視して選ぶのも一つの方法です。大事なのは、各家庭に合った返済方法を選ぶことです。無理のない住宅ローンを組むことで、ライフプランも立てやすくなるでしょう。




    住宅ローンの頭金はどれくらい必要なの?


    注文住宅を建てる際に予め必要な頭金は、住宅の価格やその人の収入などによって異なります。そのため人によって、1~2割を用意する場合や頭金なしで注文住宅を購入する人もいるのです。一般的には、借り入れの金額を少なくするために頭金を用意し、毎月の支払い金額を減らすケースが多いでしょう。いずれにしても、自身の将来的な支払いプランを立てて考えることが大切です。


    住宅購入の頭金について


    そもそも頭金とは、家を買うときに代金の一部として最初に支払う、ある程度まとまった額のお金のことです。住宅の購入は、人生の中でも特に大きな買い物で、多くの場合、数千万円ものお金が必要になります。そのため一括で購入するのではなく、住宅ローンを組んで年月をかけて支払うケースがほとんどです。


    頭金ゼロでも注文住宅を建てられる


    頭金がゼロでも注文住宅は建てられます。大きな出費となる頭金支払いがゼロであれば、住宅購入時にかかる負担は和らぎます。しかし、住宅購入にあたっての諸々の手数料や税金などの諸費用は、現金支払いが必要です。頭金をゼロにする場合でも、ある程度の金額は用意しておかなければなりません。また、頭金なしで住宅ローンを組んで家を購入すると、月々の返済額もその分高くなるので注意が必要です。


    現在のライフスタイルと将来を考えて頭金を決める


    大きな買い物となる住宅の頭金は、現在のライフスタイルや将来の支払いプランを考えて決めるようにしましょう。将来の支払いの負担を考えて、頭金をできるだけ多く払うことも出来ます。しかし、頭金を多く払うことで貯金がなくなると、万が一大きな病気にかかったり、失業してしまったりしたときに困ってしまいます。頭金の金額を決める際には、しっかりと将来のことを想定した上で返済計画を立てることが大切です。


    MOKHOUSEで建てる住まいは選んで作る新しいカタチの注文住宅。
    家づくりまではとてもシンプルかつスピーディー。
    1969年の創業以来、長年に渡り新築住宅の実績を積み重ねたポラスグループだからこそできた、合理的で選び抜かれた魅力的なプランだから自分に合う理想の住まいがきっと見つかります。

    選ぶだけであなたにぴったりのプラン&見積りをご提案いたします





    住宅ローンを組む際の注意点とは?


    住宅ローンを組む際には、金利プラン、年齢制限、審査の条件、返済期間などについて注意が必要です。住宅ローンには様々な種類があります。それぞれ注意すべき点を十分に理解して、返済計画に合ったプランを選ぶようにしましょう。


    住宅ローンの金利プランによる返済額の変動に注意


    住宅ローンには、変動金利型プランや固定金利型のプランがあります。変動金利型プランの住宅ローンは、返済中に金利が上がってしまうリスクがあり、選ぶ際には注意が必要です。変動型金利プランは、一般的に半年ごとに金利が見直され、その金利の見直しを受けて5年ごとに返済額が見直されます。金利が上昇すると結果的に、返済額も増えることになるのです。


    借り入れ時と返済完了時の年齢に注意


    住宅ローンを組むにあたって、ローンを組むときの年齢と返済終了時の年齢に注意しなければなりません。住宅ローンは、借り入れ時の最低年齢は20歳とされています。そして返済完了時の年齢は、ローンによっても異なりますが、最大で80歳となっています。住宅ローンは多くの場合、借り入れを行ってから返済終了までに長い期間がかかるからです。そのため、一般的に借り入れ時の年齢が高くなればなるほど、住宅ローンの審査が通りにくくなる傾向があるので注意しましょう。


    住宅ローンの審査条件に注意


    住宅ローンを利用するには、金融機関の審査を通過する必要があります。金融機関が融資を行う際に考慮する審査項目として、年齢以外にも勤続年数、年収、個人の信用情報、健康状態なども対象です。住宅ローンの審査は、借主の年収の他に、経済的な安定性をひとつの基準とします。そのため、勤続年数や雇用形態も審査対象として見られる場合があるのです。勤続年数があまりに短い場合や正社員以外の雇用形態の場合、収入に長期にわたる安定性がないと見られ、審査に通りにくくなることもありますので注意しましょう。


    住宅ローンはなるべく短い返済期間にする


    返済期間を具体的に決めることも住宅ローンを組む上で重要なことです。返済完了時の年齢を高く設定してしまうと、定年退職をして収入が少なくなってからも、住宅ローンの返済を行わなければならなくなります。そのため、将来的なリスクを考えると返済期間はできるだけ短くするのが理想です。返済期間のシミュレーションをして、自身のライフプランに合った、なるべく負担の少ない返済期間を設定するようにしましょう。




    モクハウスのセミオーダー住宅がリーズナブルな理由とは?





    モクハウスでは、注文住宅と分譲住宅の“良いとこ取り”をしています。「家の品質は妥協したくない。でも、なるべくリーズナブルにしたい…」そんなわがままはできないだろうと思っていませんか?


    モクハウスはポラスの家づくり品質のノウハウを活かして、品質はそのままに、価格をリーズナブルにすることを追求しました。施主様のご希望に沿った家づくりをリーズナブルな価格帯で行える魅力があります。家づくりをお考えの方は、ぜひともモクハウスのにお任せください。






新座ショールームの入口
  • 新座ショールーム
  • 0120-984-787
  • 埼玉県新座市野火止4-4-41
春日部ショールームの右側外観
  • 春日部ショールーム
  • 0120-98-3334
  • 埼玉県春日部市谷原2-3-24
体感すまいパーク船橋外観
  • 体感すまいパーク船橋
  • 047-419-6144
  • 千葉県船橋市西船1-1-9
体感すまいパーク柏外観
  • 体感すまいパーク柏
  • 04-7195-0116
  • 千葉県柏市旭町8-2-10
PAGE TOP