埼玉、千葉、東京の注文住宅・建て替えならモクハウス(MOK HOUSE) > よくある質問 > ガスコンロとIHクッキングヒーターはどちらがいいの?

FAQよくある質問

その他
  • ガスコンロとIHクッキングヒーターはどちらがいいの?
  • ガスコンロとIHクッキングヒーター、どちらを選ぶべきか悩まれる方は少なくないのではないでしょうか。ガスコンロは料理の際、火の調節が簡単、IHクッキングヒーターは火を使わないので安全など、それぞれにメリットがあります。一方デメリットがあるのも事実です。ここでは、それぞれの特徴から、メリット・デメリット、費用の比較と注意点、どんな方におすすめかまで、ガスコンロとIHクッキングヒーターについて解説します。






    ガスコンロとIHクッキングヒーターそれぞれの特徴を教えて


    ガスコンロの特徴


    ガスコンロはその名の通り、ガスで火を起こして加熱する調理器具です。ガスは強火が適した炒め物や弱火でコトコト煮炊きする料理、部分的に焦げ目をつける料理など、火の調整を臨機応変に使うことができます。また、火加減も目で見て調節ができるので、直感的な調理が可能です。


    IHクッキングヒーターの特徴


    IHクッキングヒーターは別名IHコンロとも呼ばれ、「Induction(誘導)」と 「Heating(加熱)」の頭文字を取ってIH(アイ・エイチ)と言われています。電力を使用して、内部に配置されているコイルに伝わる電流によって発熱・加熱させる調理器具です。火を使わないので料理中、火災の心配がありません。





    ガスコンロのメリットとは?


    メリット①:高い火力で同時に料理ができる


    ガスコンロは、高い火力で調理ができるので、炒め物をはじめとした強火で作る料理を美味しく仕上げることができます。また、2ヶ所、3か所と複数のコンロで同時に強い火を使って料理をすることが可能です。電力を使うIHでは複数のコンロで同時に高熱の料理をすることは難しいでしょう。


    メリット②:フライパンや鍋を振って料理できる


    IHクッキングヒーターは、ほとんどの製品がフライパンや鍋をコンロから離して料理することができません。ガスコンロなら、チャーハンや野菜炒めなどフライパンや鍋を振ってコンロから離す料理をすることができます。


    メリット③:頑丈で壊れにくい


    ガスコンロには「ゴトク」と呼ばれる器具がついています。ゴトクは、コンロの火が出るバーナーの上に設置し、フライパンや鍋などの料理道具を置くための器具です。ゴトクがあるため、多少乱暴にフライパンや鍋を振ったり、置いたりしても、IHクッキングヒーターのように天板が割れて、壊れてしまうようなことはありません。


    メリット④:ほとんどの調理器具が使える


    IHの場合は、専用の調理器具を使わなければ料理をすることができませんが、ガスコンロは、どのような調理器具でもほとんどの場合、問題なく料理で使うことが可能です。


    メリット⑤:停電時でも使える


    地震や台風などの被害で停電してしまったとき、ガスコンロであれば心配することはありません。電力が寸断されても、ガスが使えれば、普段通り料理をすることができます。





    ガスコンロのデメリットとは?


    デメリット①:火事やガス漏れの危険性がある


    火を扱うガスコンロで注意しなければならないのが火災です。火災のリスクは電力を使用するIHクッキングヒーターと比べて高くなります。また、ガスを消したと思っていても不完全燃焼でガス漏れが起こる可能性もあるため気をつけなければなりません。小さな子供や高齢者、ペットがいる家庭では要注意です。しかし、ガスコンロには安全センサーがついている場合が大半ですので、消し忘れてしまっても、自動で消える機能が備わっているため、安心して利用することができます。


    デメリット②:室内に熱がこもりやすい


    ガスコンロで火を使うと、キッチンだけではなく、他の室内の温度も上がり、熱がこもりやすくなります。冬場であれば、室内が暖まって良いかもしれませんが、猛暑の夏場では、換気扇もあまり効かず、不快に感じることがあるでしょう。


    デメリット③:掃除が大変


    凹凸があり、ゴトクが設置されているガスコンロは、料理でついた汚れを掃除するのが大変と言えます。しかし近年では、掃除がしやすいように工夫されたガスコンロもありますので、ガスコンロ派の方は検討してみてはいかがでしょうか。





    IHクッキングヒーターのメリットとは?


    メリット①:火災の危険性が低い
    IHクッキングヒーターは火を使わないため、火災のリスクを押さえることが可能です。電力で加熱するので、洋服や食品の包装紙などに火がつく心配もありません。また、コンロから鍋を離すと加熱がストップする設計の機種もあるので、消し忘れ防止にもなります。


    メリット②:多彩な機能で省エネできる


    IHクッキングヒーターはタイマーや鍋底をむらなく加熱させる機能のほか、調理の状態に適した温度設定や過熱防止など多彩な機能が搭載されています。タイマー機能を使って加熱時間を決めれば熱効率が良くなります。また、温度設定や過熱防止機能で加熱をコントロールして、エネルギーを効率良く使うことができ、省エネと電力の節約にもつながります。


    メリット③:空気をクリーンに保てる


    ガスを燃焼させて火を起こすガスコンロに比べて、電力で加熱するIHクッキングヒーターは、二酸化炭素が発生しないため、室内の空気をクリーンに保ちます。



    メリット④:室内に熱がこもりにくい


    IHクッキングヒーターは、フライパンや鍋などの調理器具以外に熱が拡散することがなく、火を使うガスコンロように部屋の温度が上昇することがありません。そのため、夏でも快適に料理を作ることができます


    メリット⑤:掃除が楽


    ガスコンロと違いIHクッキングヒーターは調理器具を置く部分に凹凸がなくフラットなので、掃除が簡単です。吹きこぼれで、天板が汚れてもサッと楽に拭き取ることができます。また、IHクッキングヒーターは水蒸気が発生しないため、油や汁が飛び散ることが少なく、汚れもつきにくいです。





    IHクッキングヒーターのデメリットとは?


    デメリット①:微妙な火加減が難しい


    ボタン一つで加熱の調整ができるIHクッキングヒーターですが、ガスコンロのように火を目で確認することができないため微妙な火加減が難しいことがあります。IHでは、火加減を見ることができず、強火、中火、弱火などをボタンで操作を行うので、火加減を見て料理をすることに慣れている方にとっては、少々戸惑うかもしれません。


    デメリット②:フライパンや鍋を振って料理するのに向かない


    IHクッキングヒーターはフライパンや鍋が直接コンロに触れていないと、熱を伝えることができない仕様です。フライパンや鍋などの調理器具を振って、コンロから離して料理をすることが多い場合は、不便に感じます。


    デメリット③:使用できる調理器具が限定される


    標準のIHクッキングヒーターの場合、金属製で底が平らになっている、IHに対応したフライパンや鍋などの調理器具が必要になります。中華鍋のように底が丸いタイプの調理器具は使用できません。そのためIH対応の調理器具がなければ新しく揃える必要があり、調理の仕方に慣れるまでに時間がかかる可能性もあります。


    デメリット④:停電時に使用できない


    当たり前ですが、電力を使うIHクッキングヒーターは、停電時には使用することができません。地震や台風などの災害に遭って停電してしまったときは、電力の復旧までの間、料理はもとより、お湯を沸かすことさえできなくなってしまいます。


    デメリット⑤:使用直後は鉄板が熱い


    電力で調理器具を使うIHクッキングヒーターは、火が発生する危険はないですが、使用直後の天板はとても熱くなっています。フライパンや鍋を移動させた直後に、うっかり天板に触って火傷をしてしまう可能性があるので、注意する必要があります。





    ガスコンロ、HIクッキングヒーターの費用はどう違うの?注意点は?


    ガスコンロとHIクッキングヒーターの光熱費は、どちらがお得か一概に比較できる一覧表のようなものは存在しません。ガス料金と電気料金ではそれぞれの単位や料金の算出方法も異なるため、比較するのが難しいのです。ただし、ガス料金については、都市ガスとプロパンガス(LPガス)を比べると、一般的にプロパンガスの方が料金は高くなると言われています。また、プロパンガスは、供給地域によって価格が異なります。


    電気料金については、時間帯によって料金設定がされていて、日中が割高で夜間は割安なのが一般的です。一方、ガス料金は時間帯で変動することはありません。料理を日中にする機会が多い場合は、IHクッキングヒーターのほうが割高になるかもしれません。しかし、日中でも電気の使用量よって、お得な料金プランが提供されている場合やオール電化向けのプランがあるので、現在の契約内容からお得な料金プランに変更することもできるでしょう。


    参考までに、電力の1kWh(キロワットアワー)当たりの光熱費を、都市ガス、プロパンガスと東京電力の関東地区でのオール電化向けプラン*で比較してみると、目安として以下の金額に換算することができます。1kWhは、1時間に1000W(=1kW)の機器を運転したときの消費電力量で、HIクッキングヒーターの中火と強火の間が1000Wくらいです。



    都市ガス:約12円

    プロパンガス:約21円

    電力(朝6時~翌午前1時):約26円

    電力(深夜1時~朝6時):約18円


    *出典:TEPCO 東京電力エナジーパートナー


    光熱費を考えると、都市ガスがある地域はガスコンロ、深夜や早朝の時間帯に料理など電力を消費する機会が多い家庭はIHクッキングヒーターのほうがプロパンガスより節約できると言えます。


    ガスコンロの注意点


    ガスコンロは、プロパンガスの場合、供給地区によって価格が左右されます。割高のプロパンガス供給地区で、頻繁に料理をする家庭では、ガスコンロにかかるガス料金は割高になる可能性があります。


    IHクッキングヒーターの注意点


    オール電化向けやトータルの消費電力など条件と時間帯によって1kWhの電気料金は異なります。電力を使う頻度が高い時間帯に料理をする機会が多い場合は、IHを使用することで電気料金がかかってしまうことも考えられます。家庭の各時間帯で使用する電力消費量をきちんと理解しておくことが大切です。






    ガスコンロはこんな方におすすめ



    • 火力が必要な炒め物などを良くする方

    • フライパンや鍋を振って料理をしたい方

    • 料理をする際に、直火がどうしても必要な方

    • 使い慣れた機器を使って料理がしたい方

    • 電磁波の影響が心配な方






    IHクッキングヒーターはこんな方におすすめ



    • オール電化住宅にしたいと思っている方

    • 火災による危険を避けたい方。

    • キッチンを清潔に保ちたいと思っている方

    • 調理時間の設定など便利な機能を使って料理がしたい方

    • 省エネやエコ生活に気をつけている方


    このように、ガスコンロとIHクッキングヒーターには、それぞれ特徴、メリット、デメリットがあり、好みや求めるものによってどちらが最適か異なります。どちらの方が、自分の暮らしに合うのかを考えて選びましょう。





    注文住宅と分譲住宅の「良いとこ取り」のモクハウス




    モクハウス(MOK HOUSE)では、注文住宅と分譲住宅の“良いとこ取り”をしています。「家の品質は妥協したくない。でも、なるべくリーズナブルにしたい!そんなわがままはできないだろう…」と思っていませんか?モクハウスはポラスの家づくり品質のノウハウを活かして、品質はそのままに、価格をリーズナブルにすることを追求しました。外装から内装、ガスコンロとIHクッキングヒーターから選べるシステムキッチンやバスルームの種類など施主様のご希望に沿った家づくりをリーズナブルな価格帯で行える魅力があります。






新座ショールームの入口
  • 新座ショールーム
  • 0120-984-787
  • 埼玉県新座市野火止4-4-41
春日部ショールームの右側外観
  • 春日部ショールーム
  • 0120-98-3334
  • 埼玉県春日部市谷原2-3-24
体感すまいパーク船橋外観
  • 体感すまいパーク船橋
  • 047-419-6144
  • 千葉県船橋市西船1-1-9
体感すまいパーク柏外観
  • 体感すまいパーク柏
  • 04-7195-0116
  • 千葉県柏市旭町8-2-10
PAGE TOP