埼玉、千葉、東京の注文住宅・建て替えならモクハウス(MOK HOUSE) > よくある質問 > 注文住宅の間取りの決め方とは?

FAQよくある質問

注文住宅の基本
  • 注文住宅の間取りの決め方とは?
  • 注文住宅の楽しみであり、一番の悩みどころともいえるのが間取り決めです。万が一にも間取り決めに失敗してしまうと、なんとなく暮らしにくさを感じたり、落ち着くことができない空間になったりしてしまうかもしれません。希望を反映しつつ、生活しやすい家にするために間取りはどのように決めていけば良いのでしょうか。ここでは注文住宅の間取りの決め方についてご紹介します。






    間取りを考える前に


    注文住宅の特徴は、施主様が家の細部までこだわって自由に決められるところです。そのため、間取りを決める際に、その時の流行りを取り入れたり、個性的な間取りにしたりできます。しかし、いくら自由といっても、日常生活の中で住みにくい間取りになってしまっては元も子もありません。そういう失敗をしないように、事前に注文住宅の間取りの考え方を知っておきましょう。主に次の3つになります。



    1. 家族の希望を聞く

    2. 生活動線を考える

    3. 土地の形状や方角を考慮する


    一つずつ見ていきましょう。


    家族の希望を聞く


    家族みんなのマイホームを建てるのですから、できるだけ家族全員の意見や希望を反映した間取りにしたいですよね。お父さんは書斎が欲しかったり、お母さんはウォークインクローゼットが欲しかったりするかもしれません。お子様がいれば、子供部屋は別々が良いと希望するかもしれません。また、将来的に家族が増える予定があれば、それを見越した間取りにしておく必要があるでしょう。
    家族全員の意見を聞いて、希望を整理しておくことがひとまず大切になります。万が一、家族間で意見が一致しない場合は、何を重視するのか良く話し合い、優先順位を決めましょう。


    生活動線を考える


    家の間取りを考えるポイントとして、生活動線を想定してみるのが良いでしょう。生活動線とは、リビングやキッチン、ダイニング、トイレ、玄関などを行き来する際にできる道筋を結んだものです。動線をスムーズに描くことができれば、生活がしやすくなるでしょう。最初のうちは難しいかもしれませんが、考えていくうちに色々な気付きがあるはずです。判断に迷ったらプロに相談するのも良いですね。


    土地の形状や方角を考える


    間取り決めには土地の形状や方角も大切になります。土地が面している道路のタイプや、土地の方角などの情報を把握しておきましょう。例えば、人通りが多い道路に面している場合は、外部からの視線が入りにくい間取りにする、バルコニーの位置は土地の方角を考慮して日当たりが良くなるように設計する等、その土地を把握することでより暮らしやすい家づくりがしやすくなります。





    間取りを決める際の具体的なチェックポイントとは?


    それでは間取りの決め方について具体的に見ていきましょう。


    チェックポイント1:採光


    気持ちの良い採光に溢れる住まいにするためには、これから暮らす土地で、どの位置が一日を通して気持ちの良い場所かを知ること必要です。また、逆に採光が望めない場所を正しく知っておくことも大切なことです。
    間取りを考える際、一般的に東西南北に適した部屋を配置します。例えば、リビングなど家族が長時間過ごす部屋は、南東に面した一日を通して気持ちの良い採光が確保できる場所に配置します。逆にトイレや浴室などの水回りは、採光がうまく確保できない場所に配置するのが一般的です。


    チェックポイント2:風通し


    自然の風は、採光とともに是非取り入れたいものです。風を上手に室内に取り入れるためには、窓の配置が重要になります。風通しのためには1つの部屋に2つの窓が基本になります。配置は南と北、東と西のように向かい合わせで配置します。2つの窓を配置することで、外から入った風が反対側の窓から抜けて、風の通り道ができるのです。また、窓のサイズは小さくても大丈夫で、大きな窓1つより、小窓が2つあったほうがいいでしょう。


    チェックポイント3:水回り


    間取りを決める際に気を付けるポイントとして、水回りの配置が挙げられます。水回りの設備となる、キッチンやバスルーム、トイレなどは施工が始まると排水管が通ってしまうため、簡単に移動することができません。そのため水回りの配置を決めるには十分な注意が必要です。
    水回りは、できる限り近い位置に集めることをおすすめします。水回りをある程度集中させることで、工事費が比較的安くなったり、メンテナンスがしやすくなったりするなどのメリットを得られます。また、生活動線を考慮した間取りにすると、使い勝手の良い水回りになりやすいでしょう。


    チェックポイント4:収納スペース


    収納スペースの間取りを考える際は、床面積だけでなく、幅や高さ、奥行きにも注意しましょう。収納スペースの床面積が充分でも、収納スペースの幅や高さ、奥行きが足りず、実際に家が出来上がってから収納したいものが収納スペースに入らないといったことが起きてしまうからです。また、物を使う場所から収納する場所までの動線を考えることも大切です。使う場所と収納する場所が遠いと、片付けにくく不便を感じてしまうことがあります。
    収納率も参考にしましょう。戸建ての場合は延べ床面積の13%前後が適当とされています。


    チェックポイント5:家電や家具の配置


    日常生活に家電と家具は欠かせません。後回ししがちですが、間取りを考える時点で使用する予定の家電・家具の寸法や配置も計画しておきましょう。この時点から計画しておくことで、後々コンセントや照明の位置を考えやすくなります。また、現在使っている家具をそのまま使う場合は、しっかりと寸法を測り、建ててしまってから家具が入らないトラブルが起きないようにしましょう。




    ご希望の間取り
    きっと叶えられる!


    モクハウスのセミオーダー住宅は、あなたのご希望をカタチにします!







    将来的な部屋のバランスも考える


    間取り決めで失敗しないために、部屋の大きさは実際の生活に適した広さを割り振りましょう。家の面積は限られているので、各部屋の面積の配分は優先順位を付けて決めていくことがおすすめです。また、将来の生活を見越した部屋の間取りを考える必要があります。


    小さいお子様がいるご家庭であれば、成長を見込んだ部屋の面積の割り振りをするのが理想です。子供の成長に合わせて、机やベッドを大きなサイズに買い替えた時にも、困らない広さの部屋面積を確保しましょう。


    注文住宅は自分や家族の意見が幅広く盛り込めますが、一度完成してしまうと修正するのが難しくなります。間取り決めについて分からないことや困ったことがあれば、建築会社の担当者に相談するようにしましょう。





    注文住宅と分譲住宅のメリットを得られるモクハウスの家づくり



    モクハウスでは、注文住宅と分譲住宅の“良いとこ取り”をしています。「家の品質は妥協したくない。でも、なるべくリーズナブルにしたい…」そんなわがままはできないだろうと思っていませんか?


    モクハウスはポラスの家づくり品質のノウハウを活かして、品質はそのままに、価格をリーズナブルにすることを追求しました。施主様のご希望に沿った家づくりをリーズナブルな価格帯で行える魅力があります。家づくりをお考えの方は、ぜひともモクハウスのご利用をご検討ください。





新座ショールームの入口
  • 新座ショールーム
  • 0120-984-787
  • 埼玉県新座市野火止4-4-41
春日部ショールームの右側外観
  • 春日部ショールーム
  • 0120-98-3334
  • 埼玉県春日部市谷原2-3-24
体感すまいパーク船橋外観
  • 体感すまいパーク船橋
  • 047-419-6144
  • 千葉県船橋市西船1-1-9
体感すまいパーク柏外観
  • 体感すまいパーク柏
  • 04-7195-0116
  • 千葉県柏市旭町8-2-10
PAGE TOP