埼玉、千葉、東京の注文住宅・建て替えならモクハウス(MOK HOUSE) > よくある質問 > エコ住宅ってどんな家?

FAQよくある質問

注文住宅に関する用語
  • エコ住宅ってどんな家?
  • マイホームを建てる時、エコ住宅を選ぶ家庭が増えています。「地球環境に優しい家」として知られているものの、具体的にはどのような家なのでしょうか。今回はエコ住宅の特徴やメリットについて詳しく解説します。また、類似する住宅タイプにはスマートハウス、ZEH(ゼッチ)住宅がありますが、それらの違いについても紹介します。






    エコ住宅ってどんな家?


    エコ住宅とは、一般的に環境に負担をかけない方法で建てられた住宅のことをいいます。ただし、エコ住宅は、他にもエコハウスや省エネ住宅とも呼ばれることもあり、その言葉の意味する範囲は省庁や団体、企業によって若干の違いがあります。ここでは環境省が掲げるエコハウスについて紹介します。





    エコハウスの基準は環境省によって定められている


    環境省では、環境に負担をかけない方法で建てられたエコ住宅のことをエコハウスと呼んで、モデル事業を行っています。環境省が定めるエコハウスの基準には、「環境基本性能の確保」、「自然・再生可能エネルギー活用」、「エコライフスタイルと住まい方」という3つのテーマがあります。





    環境基本性能の確保とは


    まず環境基本性能として、電力や火力など、家での生活で使うエネルギー消費を最小限に抑える工夫を住宅に備えなければなりません。そのためエコ住宅として家を建てるのであれば、断熱、気密、日射遮蔽、日射導入、蓄熱、通風、換気、自然素材について理解し、家づくりに導入することが求められます。





    自然・再生可能エネルギーの活用とは


    エコ住宅に必要な考え方として、自然・再生可能エネルギーの活用が必要になります。この自然・再生可能エネルギーの活用とは、太陽光エネルギーをはじめ、水力や風力、太陽熱といった自然エネルギーを最大限利用することです。そうすることで、地球環境に影響のある石炭や石油、天然ガスなどの使用をできる限り減らした生活ができるような技術や工夫を住宅に取り入れる必要があります。





    エコライフスタイルと住まい方とは


    そして最後のエコライフスタイルと住まい方とは、住む人自身がエネルギーの消費を抑えた暮らし方を意識することです。具体的には、水やお湯を使う際には節水を心がけたり、寒い日は重ね着をしたり、夏場には植物を植えて日よけにするといったことです。小さなことでも生活のなかで実践することが、エコライフスタイルの基本になります。





    地域に合わせた工夫が必要


    エコハウスには上記の3つのテーマ以外にも、地域の特性を活かすことが求められます。地域によって気候や風土は異なるため、その地域に合った工夫が必要になるのです。例えば、雨や雪が多い地域であれば、日光をできるだけ多く取り入れ、積雪にも耐えられる工夫を住宅に取り入れます。その際に古くからその地域で使われてきた工法を取り入れたり、その地域の木材を利用したりすることもエコハウスで重視されるポイントです。





    スマートハウス・ZEH(ゼッチ)との違いは?


    省エネルギー性タイプの住宅として、「スマートハウス」「ZHE」もよく聞く住宅タイプですが、エコ住宅の違いはどこにあるのでしょうか?それぞれの住宅の特徴をまとめると、以下の通りになります。



    ●スマートハウス

    IT技術を使って家庭内におけるエネルギー消費を制御し、常に最適な状態を維持できる住宅



    ●ZEH(ゼッチ)

    Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で、様々な技術の活用や生活の改善によって、使うエネルギーと作るエネルギーの量の収支を合わせ、エネルギー使用量を実質ゼロにする住宅


    スマートハウスもZEHも、その定義こそ違いますが、どちらも地球環境に配慮する点、エネルギー消費をコントロールする点で共通しています。


    スマートハウスとZEHを実現するシステムHEMS


    スマートハウスやZEHは主に、太陽光発電や蓄電池といったエネルギー機器、家電、住宅機器をコントロールし、エネルギーの消費を制御することで実現します。これらのエネルギー管理をするシステムを総称してHEMS(ヘムス)と呼びます。


    HEMSは、Home Energy Management System(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)の略です。HEMSを利用することで、家庭の生活パターンに合わせてエネルギー消費が自動で最適化されます。使用スマートハウスは環境にやさしいというだけではなく、節約面においてもメリット豊富な住宅となっています。


    スマートハウスは環境とお財布に優しい


    スマートハウスやZEHを建てることで、環境にとてもいい効果を与えます。最新のIT技術を使用し、エネルギーコントロールをすることで、排出するCO2の削減につなげられます。そのため地球温暖化防止に一役買えるのです。


    住んでいる人にとっては、光熱費の節約にもつながります。スマートハウスは、上記のとおり生活スタイルに合わせて自動的にエネルギー消費が最適化されるため、無駄なエネルギー消費を抑えることができるのです。


    また、エネルギーの使用状況がモニターなどを通して見ることができるようになるため、無駄な使用を控えようとする意識につながります。


    ZEHで使う電力から作る電力へ


    スマートハウスやZEHを実現するためには、消費エネルギーの管理だけではなく、エネルギーを住宅で作る必要もでてきます。太陽光発電の仕組みを備えておけば、住宅でも電気を作り出すことができます。さらに蓄電池を設置すれば、余った電力を蓄えておくことが可能です。


    電力が余ったときに蓄電池に電力を貯めておき、足りないときに電池から使用することで、住宅内で無駄なく電力を使うことができるようになります。





    住宅を建てるにはどんな費用がかる?


    家を建てる上で気になるのが「費用」ですが、その内訳はどうなっているのでしょうか。家にかかる費用は、大きくわけると本体工事費、付帯工事費、諸費用の3つに分けられます。家を建てるための総費用に占める割合のうち、約7割が本体工事費で、次に付帯工事費が約2割、諸費用が約1割となっています。ただし、どの工事を本体工事に含めるかは建築会社によって異なるため、家を建てる際には費用の内訳をしっかり確認しておきましょう。


    本体工事費


    本体工事費とは、建物全体を建てるために必要な費用を指します。本体工事費に含まれるのは、仮設工事、基礎工事、外装工事、内装工事、電気工事、水道工事、キッチンやトイレなどの設備、さらに建物を建てる人の人件費などです。ただし電気工事や水道工事については、建築会社によって本体工事費に含まないという場合もあるため注意が必要になります。建物だけが建っても、ライフラインが整っていなければ満足に住むことができませんので、見積もりを貰った際には十分に確認するようにしましょう。


    付帯工事費


    付帯工事費とは、建物本体の工事以外に必要な費用のことです。主に、屋外ガス・電気・給排水工事、地盤調査、冷暖房工事、空調工事、通信工事、インテリアなどが該当します。本体工事費とは別に必要な費用となり、対象となる範囲が建築会社によって異なりますので、事前に確認しておくことが大事です。


    諸費用


    本体工事費と付帯工事費以外に必要となるのが、諸費用です。諸費用には、ローン関連の費用、税金、引越し費用などといった工事に直接関係しない項目が含まれます。家を建てる際に建築家や設計事務所といった別の業者へ依頼した場合には、さらに設計料、監理料などについてもまとめて諸費用となります。


    このように1軒の家を建てるには、様々な工事と費用が必要となります。そのため契約を結ぶ前に、どの工事にどれくらいの費用がかかるのかを把握しておかなければ、支払い時のトラブルにもつながりかねません。後から予算オーバーというようにならないためにも、見積もり金額について十分確認をしておきましょう。



    モクハウスは埼玉・千葉・東京を中心に年間引き渡し2,500戸以上



    モクハウス(MOK HOUSE)は、本体価格990万円から自分らしい暮らしを実現させたローコスト住宅です。ポラスグループのブランドとして、埼玉・千葉・東京を中心に地域に、密着した責任一貫施工体制で年間引き渡し2,500戸以上、新築住宅累計4万戸以上の実績があります。お客様の希望に合わせた住宅を叶えつつ、どうして990万円というローコストな価格が実現できるのでしょうか?





新座ショールームの入口
  • 新座ショールーム
  • 0120-984-787
  • 埼玉県新座市野火止4-4-41
春日部ショールームの右側外観
  • 春日部ショールーム
  • 0120-98-3334
  • 埼玉県春日部市谷原2-3-24
体感すまいパーク船橋外観
  • 体感すまいパーク船橋
  • 047-419-6144
  • 千葉県船橋市西船1-1-9
体感すまいパーク柏外観
  • 体感すまいパーク柏
  • 04-7195-0116
  • 千葉県柏市旭町8-2-10
PAGE TOP