埼玉、千葉、東京の注文住宅・建て替えならモクハウス(MOK HOUSE) > よくある質問 > エコ住宅ってどんな家?

FAQよくある質問

注文住宅に関する用語
  • エコ住宅ってどんな家?
  • エコ住宅とは、一般的に環境に負担をかけない方法で建てられた住宅のことをいいます。ただし、エコ住宅は、他にもエコハウスや省エネ住宅とも呼ばれることもあり、その言葉の意味する範囲は省庁や団体、企業によって若干の違いがあります。ここでは環境省が掲げるエコハウスを取り扱います。



     



    エコハウスの基準は環境省によって定められている



     

    環境省では、環境に負担をかけない方法で建てられたエコ住宅のことをエコハウスと呼んで、モデル事業を行っています。環境省が定めるエコハウスの基準には、「環境基本性能の確保」、「自然・再生可能エネルギー活用」、「エコライフスタイルと住まい方」という3つのテーマがあります。



     



     



    環境基本性能の確保とは



     

    まず環境基本性能として、電力や火力など、家での生活で使うエネルギー消費を最小限に抑える工夫を住宅に備えなければなりません。そのためエコ住宅として家を建てるのであれば、断熱、気密、日射遮蔽、日射導入、蓄熱、通風、換気、自然素材について理解し、家づくりに導入することが求められます。



     



     



    自然・再生可能エネルギーの活用とは



     

    エコ住宅に必要な考え方として、自然・再生可能エネルギーの活用が必要になります。この自然・再生可能エネルギーの活用とは、太陽光エネルギーをはじめ、水力や風力、太陽熱といった自然エネルギーを最大限利用することです。そうすることで、地球環境に影響のある石炭や石油、天然ガスなどの使用をできる限り減らした生活ができるような技術や工夫を住宅に取り入れる必要があります。



     



     



    エコライフスタイルと住まい方とは



     

    そして最後のエコライフスタイルと住まい方とは、住む人自身がエネルギーの消費を抑えた暮らし方を意識することです。具体的には、水やお湯を使う際には節水を心がけたり、寒い日は重ね着をしたり、夏場には植物を植えて日よけにするといったことです。小さなことでも生活のなかで実践することが、エコライフスタイルの基本になります。



     



     



    地域に合わせた工夫が必要



     

    エコハウスには上記の3つのテーマ以外にも、地域の特性を活かすことが求められます。地域によって気候や風土は異なるため、その地域に合った工夫が必要になるのです。例えば、雨や雪が多い地域であれば、日光をできるだけ多く取り入れ、積雪にも耐えられる工夫を住宅に取り入れます。その際に古くからその地域で使われてきた工法を取り入れたり、その地域の木材を利用したりすることもエコハウスで重視されるポイントです。



     

新座ショールームの入口
  • 新座ショールーム
  • 0120-987-787
  • 埼玉県新座市野火止4-4-41
春日部ショールームの右側外観
  • 春日部ショールーム
  • 0120-98-3334
  • 埼玉県春日部市谷原2-3-24
体感すまいパーク船橋外観
  • 体感すまいパーク船橋
  • 047-419-6144
  • 千葉県船橋市西船1-1-9
体感すまいパーク柏外観
  • 体感すまいパーク柏
  • 04-7195-0116
  • 千葉県柏市旭町8-2-10
PAGE TOP