埼玉、千葉、東京の注文住宅・建て替えならモクハウス(MOK HOUSE) > よくある質問 > 重要事項説明書って何?

FAQよくある質問

注文住宅の基本
  • 重要事項説明書って何?
  • 重要事項説明書とは、家や土地を購入する契約を交わす前に、宅地建物取引士が説明の上交付する、建物の内容や取引条件などの必要な情報を記載した書面のことです。重要事項説明書には、家の購入にあたり必要な情報が事細かに記載されていて、契約後のトラブルを未然に防ぐ目的があります。そのため契約を締結する前に、重要事項説明書の内容を十分に理解し検討することが重要となるのです。



    重要事項説明書は宅地建物取引業法で定められた義務



    重要事項説明書は宅地建物取引業法で定められているもので、必ず契約締結前に買主に提示し、重要事項を口頭で説明をするように義務付けられています。さらに重要事項の説明を行うことができるのは、国家試験である宅地建物取引士試験に合格した人でなければなりません。そのため、重要事項の説明を行う前には、宅地建物取引士の証明である取引主任者証を提示するようになっています。



    契約前に確認する重要事項説明書



    重要事項説明書に書かれる内容は、対象物件に関する事項と取引条件に関する事項です。対象物件に関する事項には、登記記録に記載されている物件の情報や法令に基づく種々の制限、水・電気・ガスなどのインフラ整備状況、その物件の耐震診断の内容などが記載されています。取引条件に関する事項には、契約解除に関する事項、違約金に関する事項、契約条件などがあります。



    重要事項説明書が理解できなかったら質問する



    重要事項説明書の記載事項は多く、専門的な用語も散見されます。そのため1度口頭で説明を受けただけでは理解できないことや初めて聞く情報が出てくる可能性があります。そういったことがあれば、その場ですぐに質問し確認するようにしましょう。そして説明を受けた後には、充分に検討する時間をとるようにしてください。疑問点や理解できないことが解消されないまま最終的な契約を交わしてしまうと、後から思わぬトラブルの火種となってしまうことがあります。



     

PAGE TOP