埼玉、千葉、東京の注文住宅・建て替えならモクハウス(MOK HOUSE) > よくある質問 > シックハウス対策って?

FAQよくある質問

その他
  • シックハウス対策って?
  • 住宅の建築資材や家具、カーペット、カーテンなどから放出される化学物質が住宅内の空気を汚染して、頭痛やのどの痛みなどの健康被害を引き起こす「シックハウス症候群」。湿度によるカビやダニなどが原因でアレルギー症状が出ることもシックハウス症候群に含まれます。ここでは、シックハウス症候群の原因や対策について紹介しますので、シックハウスの予防に、ぜひ、参考にしてください。





    シックハウス症候群とは?


    シックハウス症候群とは、住宅の建築資材や家具などから発生する化学物質による空気汚染によって、人体に及ぼされる様々な健康被害のことを指します。住宅に関しては、自然の木材を使った伝統的な木造住宅から、気密性や断熱性を高めるため、化学物質が発生する建材を使用した住宅が多くなり、それによる健康への影響がシックハウス症候群として指摘されるようになっています。シックハウス症候群の症状には個人差がありますが、目がチカチカしたり、のどに痛みが出たりといった、風邪や花粉症に似たものが代表的です。症状を引き起こす原因について把握し、適切なシックハウス症候群対策を行いましょう。






    シックハウス症候群の原因


    シックハウス症候群の原因は、住宅の建築資材や家具、カーペットやカーテンなどに含まれる化学物質です。これらが住宅内の空気を汚染し、汚染された空気を住人が吸い込むことで、健康被害が生じるのです。近年の住宅建築において、気密性や断熱性が向上していることも、シックハウス症候群を引き起こす要因です。また、カビやダニ、ハウスダストによって引き起こされるアレルギー症状も、シックハウス症候群に含まれます。


    そのほかにも、石油ストーブやガスストーブからも一酸化炭素、二酸化炭素、窒素酸化物などの汚染物質が発生します。たばこの煙にも有害な化学物質が含まれており、これらが原因でシックハウス症候群が起こる可能性もありますまた、物質的な面だけでなく、ストレスを多く抱える人ほどシックハウスの症状を訴えやすいということがあるため、こまめな気分転換やストレスを軽減させることも心掛けましょう。




    シックハウス対策を教えて


    化学物質対策


    国土交通省がシックハウス対策として建築基準法で使用の規制している化学物質は「ホルムアルデヒド」と「クロルピリホス」です。


    「ホルムアルデヒド」は、水素、炭素、酸素などで構成された揮発性の化学物質です。住宅の木材や板を貼り合わせたり、壁紙を貼ったりするときに使用する接着剤や防腐剤、塗料などの成分として用いられています。ツンとする特異な臭気は、粘膜を刺激し、目に染みて涙が出る、鼻を刺激して鼻水が出る、のどが痛くなるなどシックハウス症候群の原因とされています。また、気密性・断熱性が向上した近年の住宅では、ホルムアルデヒトを含んだ建築材料を多く使用するようになったために、人体への影響が問題視されるようになっています。


    「クロルピリホス」は、毒性の強い揮発性有機化合物の一種です。農薬やシロアリ駆除の殺虫剤として広く使われて、住宅ではシロアリ駆除を目的に土台や柱などに吹き付けたり、床下の土壌に散布されたりしてきました。ホルムアルデヒドとならび、シックハウス症候群の原因物質の1つとして指定され、2003年の国土交通省の建築基準法改正により、居室のある建物へのクロルピリホスの使用は禁じられています。


    建築基準方改定で、「F☆☆☆☆」の表記を見かけるようになりました。これは、日本農林規格「JAS」と日本工業規格「JIS」がホルムアルデヒドの放散量によって定めた4段階ある等級の最上位を表し、ホルムアルデヒドの放散量が最も少ない量に値します。これより下位の等級は☆の数がひとつずつ減り、一定の割合で建材として使用できますが、最下位の「F☆」は内装材としては使用することができません。


    新築や住宅リフォームの際には、ホルムアルデヒド放散量が「F☆☆☆☆」の資材を使用し、シックハウス対策をしましょう。また、シックハウス症候群を引き起こす化学物質には、ホルムアルデヒドのほかにも、トルエン、キシレン、アセトアルデヒドなどが挙げられます。家を建てる前には、これらが含まれる建築素材を使わないよう、建築業者や担当者と打ち合わせをしてください。


    また、シックハウス症候群を予防するには、原因である化学物質を部屋に蓄積させないことが大切です。そこで、部屋の換気はこまめに行ってください。外出や就寝などで、長時間部屋を閉め切った後は、できる限り窓を開け、換気をしましょう。また、新築やリフォーム後の住宅に入居する前には、十分に換気をし、汚れた空気を入れ替えることも重要です。


    カビ・ダニ対策


    シックハウス症候群は、化学物質によるものだけではなく、湿度によるカビやダニなどにも関係しています。カビやダニ、ダニの死骸・フンなどがアレルギー、ぜんそく、皮膚炎などの健康被害を引き起こすのです。ダニは、カビ、ホコリに混ったクッキーやスナック菓子などの食べかすやフケ、アカを餌にします。カビやダニによる室内環境汚染を防ぐためには、換気による湿気対策とこまめに掃除や洗濯をすることを心掛けましょう。


    万が一、シックハウス症候群と思われる症状が現れたら、速やかに医師の診察を受けましょう。シックハウス症候群は、発症すると様々な化学物質に敏感になり、症状が悪化すると引っ越しや建て替えを余儀なくされる場合もあります。シックハウス症候群は人によって症状が異なるため、医者の診察を受け、症状に応じた緩和措置をとることが大切です。





    ローコスト住宅モクハウスのシックハウス対策の取り組み


    モクハウスでは、木材に使用する接着剤はホルムアルデヒド放出量が、JAS・JIS基準の最も少ない「F☆☆☆☆」を使用しています。内装や天井裏などについても、ホルムアルデヒド発散の等級は、最も高い性能まで対応し、優良住宅の認定基準を満たしています。


    そして、埼玉・千葉・東京を中心に関東地域密着だからこそ、関東エリアに最適な温熱環境を追求するために、温熱環境実験設備を完備し、独自の高断熱・高気密の研究とシックハウス対策の研究を行っています。


    また、シックハウス対策として挙げられることは、室内の換気です。モクハウスは窓を閉め切ってもきれいな空気を取り込み、温度差を緩和するオリジナル計画換気システム「マイルドエアフロー」を開発。外気との寒暖差が大きく、窓を閉め切りにする日が多い夏や冬の時期でも快適な暮らしを実現します。




    今こそおうちでおうちづくり



    MOKHOUSE(モクハウス)で建てる住まいは選んで作る新しいカタチの注文住宅。 シックハウス対策も万全で、優良の家づくりまでとてもシンプルかつスピーディー。1969年の創業以来、長年に渡り新築住宅の実績を積み重ねたポラスグループだからこそできる、お客様のニーズに合わせた、魅力的なプランから理想の住まいがきっと見つかります。







新座ショールームの入口
  • 新座ショールーム
  • 0120-984-787
  • 埼玉県新座市野火止4-4-41
春日部ショールームの右側外観
  • 春日部ショールーム
  • 0120-98-3334
  • 埼玉県春日部市谷原2-3-24
体感すまいパーク船橋外観
  • 体感すまいパーク船橋
  • 047-419-6144
  • 千葉県船橋市西船1-1-9
体感すまいパーク柏外観
  • 体感すまいパーク柏
  • 04-7195-0116
  • 千葉県柏市旭町8-2-10
PAGE TOP