埼玉、千葉、東京の注文住宅・建て替えならモクハウス(MOK HOUSE) > よくある質問 > 耐震等級制度ってどんな制度?

FAQよくある質問

注文住宅に関する法律や制度
  • 耐震等級制度ってどんな制度?
  • 耐震等級とは、住宅性能表示制度における住宅に対する評価項目の1つです。耐震等級は3段階に分けられており、住宅の購入を検討する際の指標にできます。地震の発生が多い日本において、耐震等級は新しい家を建てる際に重要な確認点となっています。



     



    耐震等級の歴史





    耐震等級は、平成12年に「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(品確法)の施工によって、住宅性能表示制度の評価項目として設けられました。住宅性能表示制度を利用するすべての新築住宅が耐震等級の評価を受ける理由には、日本が非常に地震の多い土地であるということがあります。昭和25年には、建築基準法が制定され、全国の建物に耐震設計が義務付けられました。その後も、各地の大地震を経て地震に関する法律の整備が行われてきたという経緯があります。



     



     



    3段階表示の耐震等級





    耐震等級には3段階があり、建築基準法で定められている最低限の耐震強度を等級1としています。これは、数百年に1度程度発生する地震(震度6強~7)でも倒壊しない耐震性を表します。等級2は等級1で耐えられる地震の力の1.25倍の耐震力がある建物であることを、等級3は等級1で耐えられる地震の力の1.5倍の耐震力がある建物であることを示しています。国が定めた統一基準に則って、専門の機関がその住宅の耐震等級の評価を行うのです。



     



     



    日本で安心して暮らすために必須の耐震性能





    住宅の購入は一生の中でも大きな買い物であり、地震の多い日本で長期間安心して暮らしていくことを考えると、耐震性能は非常に重要なものとなります。その点で、住宅の耐震等級は高いほど地震の時にも安心です。建設会社によっては、地域の地盤や天候を鑑みて、国が定める基準を上回る独自の設定を加えるところもあります。住宅を建てたり購入したりする際のこだわりのポイントは人によって異なりますが、定期的に地震が起こる日本において、住宅に耐震性能を設けることは必須項目です。



     



    新しい家を建てる際には、快適な暮らしについて考えるだけではなく、何年、何十年と安心して暮らせるよう、安全面も心がけるようにしましょう。

PAGE TOP