コラム
column
scroll

メリット・違いは?注文住宅・分譲住宅を比較

メリット・違いは?注文住宅・分譲住宅を比較

一戸建てには注文住宅と分譲住宅がありますが、どちらのタイプで家づくりを進めればいいのか、選択に迷う人もいるでしょう。また、注文住宅には「フルオーダータイプ」や「セミオーダータイプ」などもあるため、それぞれのメリットや違いがわからないまま検討することは避けたいですよね。

ここでは注文住宅と分譲住宅、さらに注文住宅の「フルオーダー」「セミオーダー」それぞれのメリットや違いを解説していきます。今後の家づくりを進める際にお役立てください。

注文住宅と分譲住宅、それぞれのメリットと違い

注文住宅とは

注文住宅とは、施主が自由に設計できる家のことです。基本的には自分たちが住みたいと思う場所があって、その場所に家を建てるのが一般的で、まず最初に施主が行わなくてはならないことは土地探しです。

そして土地が決まったら、ハウスメーカーや建築事務所、工務店などに自分たちの要望を伝えて、家を建てていくという段取りになります。

また、注文住宅には注文内容の異なる2つのタイプがあります。間取りや外壁、設備仕様などすべてを施主が考え決めていくフルオーダータイプと、基本的なプランは決まっており、一部を施主が決めていくセミオーダータイプです。
それぞれの特徴を詳しく説明していきます。

●フルオーダーの注文住宅

前述したように、フルオーダータイプの注文住宅は自由に住宅のデザインを行えるのが大きな特徴で、間取りや使用する建材から水回りの設備、ドアノブに至るまですべてにおいて自分たちで決定することになります。
自由度が高いのでこだわりたい部分については時間もお金もかけることができる一方、こだわりがない部分はできるだけシンプルにすることも可能です。

自分たちが思い描いたイメージの家を建てるので、事前に完成形を確かめることはできませんが、設計のプランニング中に設計士に気になる点を相談することができます。
また、建築中の現場に行って職人さんが作っていく様子を見たり最近建てられた家の見学を行うなど、いろいろな情報に触れていく中で自分たちが住む家についてよりイメージをふくらませる、やりたいことを整理することも可能です。
自分たちの決定によって、何もなかった土地に理想の家が出来上がっていく楽しみを味わえます。

●セミオーダーの注文住宅

セミオーダータイプで家を建てる場合、家の間取りや機能といった仕様はハウスメーカーが用意する複数のプランから選ぶことになります。その中から自分たち好みのプランを選び、設備などの細かな部分を施主が決めるという形式が一般的です。

ゼロからプランを立てるのではなく、ある程度規格化されているので完成までに費やす時間が短く、早く入居できます。

セミオーダータイプの場合、同じプランを選んだ家の施工事例の写真を見てどのような仕上がりになるのかチェックできます。
場合によっては同じプランの家を見学することもできるので、完成後のイメージをより描きやすいと言えるでしょう。

多くのハウスメーカーや工務店が手がけているローコスト住宅では設計プランの規格化や設備仕様や建材などの一括購入などさまざまな工夫を凝らして、低コストの家づくりを実現しています。

「安いから、選ぶプランが少ないのでは?」「こだわりたい部分がある場合はセミオーダータイプのローコスト住宅で家を建てるのは諦めるべき?」と思うかもしれませんが、デザインや間取り、設備などは数種類から選べますし、アップグレードも可能です。

例えば、ポラスグループのローコスト住宅『MOK HOUSEモクハウス』では、200以上のプランを用意しています。自分たちの希望のものを選びながら、理想の家を作っていくことも夢ではありません。

自分らしく家を楽しむ

分譲住宅とは

不動産会社やハウスメーカーがまとめて購入した土地を分割して、その土地に住宅を建築後、販売される住宅のことを分譲住宅と呼びます。

既に家が完成しているため、購入から入居までに時間がかかりません。実際の家を見て間取りや水回り、収納スペースなどの設備仕様、庭の広さなども確認できるため、入居後の暮らしをイメージしやすいと言われています。
また、土地建物の総額が明確になっているので購入計画を進めやすいことも特徴です。

注文住宅と比較すると施主自身が家づくりに関わることは少なくなりますが、分譲住宅を販売するハウスメーカーは、住まいづくりの実績やノウハウを持っています。
長く快適に暮らすための工夫やその土地の良さを活かした家を作っているので、自分たちが理想とする家を見つけ出す楽しみがあると言えるでしょう。

まとめ

住宅は注文住宅と分譲住宅に大別されます。 注文住宅の中にはすべてを自分たちで決めて家づくりを進めていくフルオーダータイプ、基本的な仕様は決まっており、デザインや設備などを自分たちで選んでいくセミオーダータイプがあります。

セミオーダータイプのローコスト住宅は、いくつかのプランから間取りや設備仕様を選んで、自分たち好みの家に仕上げていくものです。
商談の簡素化による人件費のカットや建材費などの一括購入によるコストダウンや無駄を省いたシンプルなデザインによって、「1,000万円台」の家づくりを可能にしています。

埼玉・千葉を拠点とし、住まいに関するさまざまなご要望に応えているポラスグループが手がけるセミオーダーのローコスト住宅『MOK HOUSEモクハウス』もそのひとつです。

ローコストの実現

「どんな住宅がいいのか迷っている」「こだわりたい部分もあるし、こだわりがない部分もある」など、お客様のひとつひとつの声に真摯に向き合っております。住まいづくりをご検討の際はぜひお問い合わせください。

資料請求

モクハウスが
選ばれる理由

モクハウスで安心して
家を建てられる理由とは?