コラム
column
scroll

注文住宅との違い、安さの理由は?「ローコスト住宅」をわかりやすく説明

注文住宅との違い、安さの理由は?「ローコスト住宅」をわかりやすく説明

マイホームを検討中、「ローコスト住宅」という言葉を目にしたことはありませんか?

名前の通り、一般的な注文住宅よりも安い価格で購入できる住宅のことですが、その特徴や安い理由がよくわからないという人も多いようです。
また、「安いけど品質に問題ないの?」「本当に低価格で購入できるのかな?オプションを付けていくと、高くなるのでは?」と懸念する声もあるでしょう。

今回は、「ローコスト住宅」の特徴や安さの理由を解説していきます。
家づくりの参考にしてください。

ローコスト住宅とは?

ローコスト住宅とは、住宅の中でも一般的な注文住宅より安価で提供されている住宅ですが、何かしらの条件を満たす必要があるといった明確な定義はありません。
価格1,000万円台で購入できる住宅あるいは坪単価40万円台までで建てられた住宅のことを呼ぶことが多いようです。

昨今の注文住宅の全国平均価格は約3,000万円程と言われていますので、ローコスト住宅がいかに安いか、というのがわかりますね。

なぜ、ローコスト?その理由が知りたい

ローコスト住宅は、大手のハウスメーカーや工務店などが手掛けている場合が多く、価格を抑えるためにさまざまな仕組みを取り入れ、工夫を凝らしています。
低価格を実現できる具体的な取り組みを詳しくご説明します。

設計費用のコストカット

ローコスト住宅は、内装や間取り、設備などがあらかじめ規格化されていることが特徴です。
例えば、スキップフロアや土間収納、屋上のある家、リビングを2階に配した家、コンパクトな平屋などのプランが用意されていて、その中から希望のプランを選んで家づくりを進めていくことになります。
プランの規格が既にあるため、家づくりのプランニング段階でかかる設計費や構造計算費、これらの業務に伴う人件費などのコストを抑えることができるのです。

材料の仕入れに工夫

住宅建設に欠かすことのできない建材や住宅設備の仕入れにおいても、同じサイズや種類、色を一度に大量発注し、仕入れ値の大幅ダウンに努めています。
ローコスト住宅を手がけるハウスメーカーの中には、自社のプレカット工場で木材を加工している例もあります。

また、部屋数や窓を少なくする、家の形を凹凸の少ない整形にする、など無駄の少ない構造にすることや照明、コンセントの数を必要最小限にするなど細かい部分まで目を配り、材料費や工費のコストカットにつなげています。

少ない人数で家づくり

規格化された家を建てるローコスト住宅では、複雑な作業を減らすことが可能になり、現場で働く人数を抑えながら、効率的に建築作業を進めることができます。
上記で触れた、プレカット工場での建材加工も、現場での作業を手際よく進行させることになり、省力化に結びついています。

さらに、工事にかかる時間の短縮にもつながるので、従来の住宅建設よりも人件費の総費用を抑えることができるようになります。

施主にとってもローコスト住宅は魅力

ローコスト住宅は住む人にとって、どのような魅力があるのでしょうか?
詳しく解説していきます。

住宅ローンの負担が軽い

やはりいちばんの魅力は価格が安いことです。
一般的に、住宅購入の際には、住宅ローンを組むことになりますが、借入金額が少なければ、月々の返済金額も少なくなります。
返済額を少なくして月々の生活に余裕を持たせるパターン、短期間での住宅ローンを組んで早々と返済を終えるパターンから選ぶことも可能です。

また、建物価格が抑えられるため、その分を土地購入の資金に回し、好条件の土地を選ぶこともできるというのも魅力のひとつです。

「限られた予算しか用意できない」「住宅ローンの返済に追われる生活は窮屈そうで不安」「小さい子どもがいるので、進学に備えて教育資金を蓄えたい」といった事情があっても、ローコスト住宅なら憧れのマイホームを手に入れることができます。

短期間で完成する

注文住宅の工期は約4〜6ヶ月ですが、ローコスト住宅の工期は約2〜3ヶ月です。
また、注文住宅の場合、工事をスタートさせる前段階のプラン作成過程にも多くの時間をかけることになりますが、ローコスト住宅なら、ある程度プランが決まっているため大幅に時間をカットできます。

「今住んでいる賃貸マンションが建て替えることになって、立ち退き期限が急に決まった」「子どもの入学のタイミングで引っ越したい」など、新居での暮らしをスタートしたい時期が動かせない場合にも魅力です。

設備仕様探しに時間や手間がかからない

ローコスト住宅は、施工会社が提案するプランの中から設備や仕様を選んでいくことになります。
家の中の設備や仕様を考えるために、いろいろな情報を集めたり、検討したり、迷ったりする時間をカットすることにつながります。
プランに組み込まれている設備・仕様は標準的なタイプなので、「シンプルで飽きのこないテイストが好き」「機能がたくさん付いている設備を使いこなす自信がない」と考える人にとっても魅力的に思えるでしょう。

そうは言うものの、こだわりたい部分にはこだわることも可能です。
「水回りは最新の設備仕様がいい」「細かく仕切ることのできる収納棚を取り付けたい」など希望に応じて、アップグレードやオプションを設定していますし、プラン作成中の打ち合わせで話し合うこともできます。
自分たちだけのお気に入りの空間に仕上がれば、満足度がさらに高まっていくことでしょう。

まとめ

ローコスト住宅は、「プランの規格化」「材料の大量仕入れ」「効率的な工事による工数削減」などによって、注文住宅よりもお求めやすい価格での提供を実現しています。

「頭金をあまり用意できない」「子どもたちの教育資金や自分たちの老後の資金も蓄えておきたいので、ローン返済にゆとりを持たせたい」などといった理由はもちろん、ある程度プランが決まっているため時間や労力を省略できるという部分にメリットを感じて、ローコスト住宅を選ぶ方も。
短い工期でこだわりたい部分だけこだわって、自分たち家族が望む家を完成させることも夢ではありません。

埼玉・千葉エリアでの暮らしを願う方のための家づくりや土地探しをサポートするPOLUSグープでは、セミオーダーのローコスト住宅『MOK HOUSEモクハウス』を展開しています。

ローコストの実現

ローコスト住宅に興味がある、という方には、『MOK HOUSEモクハウス』の特徴や事例を掲載の詳しい資料をお届けします。
ローコスト住宅での家づくりをご検討の際に、ぜひご覧ください。

資料請求

モクハウスが
選ばれる理由

モクハウスで安心して
家を建てられる理由とは?