埼玉、千葉、東京の注文住宅・建て替えならモクハウス(MOK HOUSE) > よくある質問 > 木造のメリットは?

FAQよくある質問

家づくりの技法
  • 木造のメリットは?
  • 木造住宅のメリットとして挙げられるのは、断熱性能の高さ、リフォームの容易さ、コストが抑えられるといったことです。住宅の施工に使用される材質には様々な種類があり、その中でも木造住宅は根強い人気を誇っています。外観や印象だけでなく木材が持つ良さが人気の秘密となっています。



     



    木造住宅は日本に合った家造り





    木材を使って建てられた住宅には、古くから日本で用いられている建築工法が利用されています。古くから日本で使用されている建築工法は、木造軸組工法と呼ばれています。この工法で建てられた家は、自然の力を利用した工夫が行われているので、高温多湿の日本に最も適しています。



     



     



    断熱性能が高い





    木材は熱の伝導率が低いため断熱効果に優れており、断熱材と共に使用することでさらにその性能を発揮します。木材と断熱材を上手に利用すれば、夏の熱気を遮ってくれますし、逆に寒い冬には室内の暖かさを逃がさないようにしてくれるのです。このように木造住宅は、日本の四季に合わせて対応できる住宅となっています。



     



     



    リフォームが容易





    木造住宅は鉄筋コンクリートや鉄骨製の住宅に比べて、リフォームが比較的容易にできます。木造住宅は新築する際にも間取りや空間設計の自由度が高いのが特徴です。また、リフォームする時にも容易に壁を壊して間取りを変えられるといったメリットがあります。そのため、ライフスタイルに合わせて家をリフォームする可能性がある人は、木造住宅を検討してみてはいかがでしょうか。



     



     



    建築費用のコストが抑えられる





    木造住宅の場合、鉄筋コンクリート造りの建物と比較した場合、構造部分での費用を抑えることができます。鉄筋住宅は、断熱性や吸湿性を補うための工事が必要になりますが、木材の場合はそういった補修工事が不要になります。また、建材としても鉄筋に比べ安価のため、建築コストを抑えることができるのです。



     



    木造住宅は日本において伝統的な建築工法作られた家です。近年では木造住宅の中に、洗練されたモダンなデザインが取り入れられています。木造住宅は、木の温もりを感じることができる家です。興味がある方はモデルハウスに足を運び、木造住宅での暮らしを体験してみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP