埼玉、千葉、東京の注文住宅・建て替えならモクハウス(MOK HOUSE) > よくある質問 > 住民協定とは?

FAQよくある質問

その他
  • 住民協定とは?
  • 住民協定とは、その土地に住んでいる人たちで作られた、土地に関する決まりごとのことです。土地の分割について規制するものや、住宅の外観についての規定などがあり、その地域のよりよい環境作りのために定められます。法的な強制力はありませんが、これを無視して家づくりを進めると、トラブルを招くこともあるので注意しましょう。



     



    分筆不可の住民協定



     

    住民協定の中には、分筆不可というものがあります。分筆不可とは、1つの土地を分割して複数の持ち主で分けてはいけないという住民協定です。例えば、広い住宅が建っていた土地を兄弟で分けてそれぞれの住宅を建てたり、家の余った敷地にもう一軒建売住宅を建ててそれを分譲したりすることが禁止されます。こういった住民協定は、歴史の深い街で多く見られます。



     



     



    街の外観に関する住民協定



     

    住民協定には、住宅の外観に関する決まりもあります。これは街並みの調和を目的に定められ、建物のデザインや色彩に関するものから、建築素材を指定するもの、庭木の手入れに関するものなど、様々な決まりがあります。個性的な外観の住宅を建てたい場合、こうした住民協定がある土地では問題になる可能性があるので注意が必要です。



     



     



    住民協定の撤廃や無視は困難



     

    自分の建てたい住宅と住民協定で定められている内容が相反している場合でも、住民協定を無視して家を建てたり、住民協定の撤廃を要求したりすることは困難です。確かに住民協定は、私的な決まりであり厳密に法的な拘束力はありません。しかし、住民協定はしっかりとした理由があって定められたものであり、その土地の住民の同意があって成り立っているため、住民協定に反して家づくりを行うと、近隣住民とのトラブルにつながる可能性があります。そのため家を購入したり建てたりする場合には、その土地に住民協定があるかどうかをあらかじめ確認しておきましょう。



     



    家を建てる前には、様々なことに気を配らなければなりません。新築住宅を建てる場合には、その土地の住民協定の有無を充分確認しておきましょう。

PAGE TOP