埼玉、千葉、東京の注文住宅・建て替えならモクハウス(MOK HOUSE) > よくある質問 > 本体工事・付帯工事とは?

FAQよくある質問

注文住宅に関する用語
  • 本体工事・付帯工事とは?
  • 本体工事とは、建物本体を建てる際に必要な基礎、外装、内装などに関する工事です。一方の付帯工事とは、建物本体以外のインテリアや屋外設備などの工事のことです。本体工事と付帯工事という言葉は、住宅にかかる費用を考えるときに多く使われます。



     



    家を建てるために必要な本体工事費、付帯工事費、諸費用





    1軒の家を建てるための総費用は、大きくわけると本体工事費、付帯工事費、諸費用と分類することができます。家を建てるための総費用に占める割合のうち、約7割が本体工事費です。次に、付帯工事費が約2割、諸費用が約1割となっています。ただし、どの工事を本体工事に含めるかは建築会社によって異なるため、家を建てる際には費用の内訳をしっかり確認しておきましょう。



     



     



    本体工事費とは





    本体工事費とは、建物全体を建てるために必要な費用を指します。本体工事費に含まれるのは、仮設工事、基礎工事、外装工事、内装工事、電気工事、水道工事、キッチンやトイレなどの設備、さらに建物を建てる人の人件費などです。ただし電気工事や水道工事については、建築会社によって本体工事費に含まないという場合もあるため注意が必要になります。建物だけが建っても、ライフラインが整っていなければ満足に住むことができませんので、見積もりを貰った際には十分に確認するようにしましょう。



     



     



    付帯工事費とは





    付帯工事費とは、建物本体の工事以外に必要な費用のことです。主に、屋外ガス・電気・給排水工事、地盤調査、冷暖房工事、空調工事、通信工事、インテリアなどが該当します。本体工事費とは別に必要な費用となり、対象となる範囲が建築会社によって異なりますので、事前に確認しておくことが大事です。



     



     



    諸費用とは





    本体工事費と付帯工事費以外に必要となるのが、諸費用です。諸費用には、ローン関連の費用、税金、引越し費用などといった工事に直接関係しない項目が含まれます。家を建てる際に建築家や設計事務所といった別の業者へ依頼した場合には、さらに設計料、監理料などについてもまとめて諸費用となります。



     



    このように1軒の家を建てるには、様々な工事と費用が必要となります。そのため契約を結ぶ前に、どの工事にどれくらいの費用がかかるのかを把握しておかなければ、支払い時のトラブルにもつながりかねません。後から予算オーバーというようにならないためにも、見積もり金額について十分確認をしておきましょう。

新座ショールームの入口
  • 新座ショールーム
  • 0120-987-787
  • 埼玉県新座市野火止4-4-41
春日部ショールームの右側外観
  • 春日部ショールーム
  • 0120-98-3334
  • 埼玉県春日部市谷原2-3-24
体感すまいパーク船橋外観
  • 体感すまいパーク船橋
  • 047-419-6144
  • 千葉県船橋市西船1-1-9
体感すまいパーク柏外観
  • 体感すまいパーク柏
  • 04-7195-0116
  • 千葉県柏市旭町8-2-10
PAGE TOP