埼玉、千葉、東京の注文住宅・建て替えならモクハウス(MOK HOUSE) > よくある質問 > LDKとDKはどう違う?

FAQよくある質問

注文住宅に関する用語
  • LDKとDKはどう違う?
  • 住宅を探すときに目にするLDKとDKの違いは広さです。このLDKとDKという表記は、公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会という機関が、平成23年に定義を発表しました。家を建てる時や引越しをする際に、LDKとDKの違いを知って住宅探しに役立てましょう。



     



    LDKとDKとは





    LDKとDKとは、不動産用語です。LDKはリビング・ダイニング・キッチンの略になり、居間と台所、そして食堂の機能が1室に共存できる部屋を指します。そしてDKとはダイニングキッチンの略で、台所と食堂の機能がある部屋のこと指します。



     



     



    LDKとDKの定義の概要





    LDKやDKと間取りの表記をする際には、一定基準の定義があります。その定義として、まず居室が1部屋だった場合、キッチンがある部屋の広さが4.5畳以上8畳未満の家を1DKと表記し、キッチンがある部屋の広さが8畳以上では1LDKと表記できます。また居室が2部屋以上の家の場合には、キッチンがある部屋の広さが6畳以上10畳未満で2DKとし、10畳以上の広さであれば2LDKとなるのです。



     



     



    正式に定義が決まったDKとLDKで広さの目安が分かる





    DKとLDKの表示に関する基準が、平成23年11月に「DK及びLDKの広さの目安となる指導基準」という名称の下、公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会により一定基準が発表されました。平成23年以前までは、各不動産会社によって独自の表示を行っていたこともあり、同じDKでも広さが異なるということがありました。しかし正式な広さの定義が決まり数値化されることで、従来以上にイメージを膨らませやすくなった形となったのです。



     



     



    LDKとDKの定義に関する注意点





    LDKとDKの定義が設定されたことにより、間取り表記からよりイメージを膨らませやすくなりました。しかしこの表記は、平成23年に定められたものでして、なおかつ義務化されているものではないため、会社によってはそれ以前の表記を使っている可能性もあります。そういったことから、部屋の広さを確実に知りたい場合には、担当者から詳しく聞いたり、実際に物件に足を運んだりすることが大切です。



     

PAGE TOP