埼玉、千葉、東京の注文住宅・建て替えならモクハウス(MOK HOUSE) > よくある質問 > キッチンにはどんな種類があるの?

FAQよくある質問

自分好みの家づくり
  • キッチンにはどんな種類があるの?
  • キッチンの種類には、アイランドキッチン、ペニンシュラキッチン、I型キッチン、独立型キッチン、セパレート型キッチンなど様々なものがあります。以下にそれぞれの特徴を紹介しますので、キッチン選びの参考にしてみてください。



     



    アイランドキッチン





    「アイランドキッチン」とは、アイランド(島)という名前の通りキッチンの四方が壁に接していないキッチンのことです。キッチンを囲んで360度どこからでも調理に参加できるので、ホームパーティーをしたり家族みんなで料理をしたりする場合に向いています。ただしアイランドキッチンは部屋の中央部にレイアウトする形になるので、設置する部屋は大きい必要がある点と、換気への配慮が必要な点に、注意しましょう。



     



     



    ペニンシュラキッチン





    「ペニンシュラ」とは「半島」を意味する言葉です。アイランドキッチンの左右どちらか片方が壁にくっついた形のキッチンを「ペニンシュラキッチン」と呼びます。ペニシュランキッチンは、アイランドキッチンに比べて選べる換気扇の種類も多く、汚れが他の場所に飛びにくいことが特徴です。



     



     



    I型キッチン





    「I型キッチン」とは、コンロから流し台までが横一直線に並んだキッチンのことで、キッチンの中でも最も主流のタイプとなっています。壁側に向けて配置したり、ペニンシュラキッチンのように片側だけを壁につけて配置したりと、様々なレイアウトが可能です。片側だけを壁に付ける場合、キッチンの前にカウンターができるため、ペニンシュラキッチンに比べて開放感は劣りますが、手元を隠せるというメリットもあります。



     



     



    完全独立型キッチン





    キッチンと他の部屋を壁で仕切り、独立させたスタイルのキッチンを「独立型キッチン」といいます。キッチンとリビングが仕切られることで、気になる調理中のにおいや煙などがリビングに広がることがありません。また人目を気にせず調理ができるため、料理に専念したい人向いています。



     



     



    セパレート型キッチン





    「セパレートキッチン」とは、コンロと流し台が2つに分かれたキッチンのことです。においや煙のでるコンロ側を壁側に付け、流し台側を対面カウンターのように配置するのが主流です。家族とのコミュニケーションが取りやすく、さらに作業スペースも広くとれるという利点があります。



     



    このように、キッチンにも様々な種類があります。家を建てる際やリフォームをする際には、自分や家族に合ったものを選びましょう。

PAGE TOP