埼玉、千葉、東京の注文住宅・建て替えならモクハウス(MOK HOUSE) > よくある質問 > 住宅性能表示制度ってどんな制度?

FAQよくある質問

注文住宅に関する法律や制度
  • 住宅性能表示制度ってどんな制度?

  • 住宅購入を検討している最中、「この工法は耐震性に優れています」とか、「非常に高品質な住宅です」というような広告のキャッチコピーを見たら、「それって本当なの?」と思うのではないでしょうか。何を根拠にしているのか、キャッチコピーだけでは分かりませんよね。



    このような時、住宅品質や性能を分かりやすく数値化した指標があったらどうでしょう。購入するかどうかの判断材料にもなりますし、気になる複数の住宅会社もまとめて比較しやすくなるので、消費者にとっても大変便利です。



    実は、そんな指標が実際にあることをご存知ですか?それが「住宅性能表示制度」です。住宅の性能の評価基準や表示項目を法律で定め、消費者が利用できるようにしたものです。住宅購入時だけでなく、万が一の住宅に関するトラブルにも役立つ制度ですので、ぜひ理解しておきましょう。






    住宅性能表示制度とは?



    住宅性能表示制度は、平成12年(2000年)4月1日に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(住宅品確法)によって定められました。10の分野に分けて住宅の性能を等級や数値で表示しています。制度の利用は任意ですが、住宅性能表示制度でチェックを受けた住宅は、その品質が分かりやすくなるため、家を買ったり建てたりする際の基準として役に立ちます。



    当初は新築住宅の性能を評価する制度として施行されましたが、2002年より既存住宅(中古住宅)にかかる住宅性能表示制度が全国一斉に開始され、新築・既存を問わず全ての住宅を対象とした制度となりました。



    ちなみに、住宅性能表示制度は、新築物件の構造部分に引き渡し後10年間の保証を義務づける「10年間の瑕疵保証」、裁判前にトラブルを解決するための「紛争処理体制」と合わせて、住宅品確法の3本柱と言われています。





    住宅性能評価書とは?



    住宅性能評価書とは、住宅性能表示制度に基づいて発行される評価書です。国土交通省が登録住宅性能評価機関として登録した第三者機関が全国共通のルールで住宅の性能を評価し、その結果を記載した書面を指します。


    住宅性能評価書には2種類ある


    住宅性能評価書には、「設計住宅性能評価書」と「建築住宅性能評価書」の2種類の評価書があり、種類によって評価するタイミングが異なります。



    具体的には、住宅を建てる前の設計図書の段階で評価をまとめたものを「設計住宅性能評価書」。そして、施工後後に、図面通りに確実に実施されているか等、実施に住宅を検査した評価をまとめたものを「建築住宅性能評価書」と言います。これらの評価書によって住宅の品質が保証される仕組みとなっています。




    住宅性能表示制度の性能評価10分野


    住宅性能表示制度では、以下10分野の区分で住宅の性能を評価しています。



    1. 構造の安定に関すること

    2. 火災時の安全に関すること

    3. 劣化の軽減に関すること

    4. 維持管理・更新への配慮に関すること

    5. 温熱環境・エネルギー消費量に関すること

    6. 空気環境に関すること

    7. 光・視環境に関すること

    8. 音環境に関すること

    9. 高齢者等への配慮に関すること

    10. 防犯に関すること



    新築住宅が住宅性能評価を受ける場合、評価基準の10分野の内、4分野は必須事項、残り6分野は住宅取得者が選択する基準となります(2020年12月時点)。


    必須項目(4分野)



    • 構造の安定に関すること

    • 劣化の軽減に関すること

    • 維持管理・更新への配慮に関すること

    • 温熱環境・エネルギー消費量に関すること



    住宅取得者が選択する項目(6分野)



    • 火災時の安全に関すること

    • 空気環境に関すること

    • 光・視環境に関すること

    • 音環境に関すること

    • 高齢者等への配慮に関すること

    • 防犯に関すること






    住宅性能評価書を取得するメリット


    第三者機関の評価を受けられる


    住宅性能評価書は、国土交通大臣に登録した第三者評価機関が公平な立場で評価し、交付されるものです。そのため、信頼性も高く客観的に判断しやすいものとなっています。また、建築基準法の最低基準ではなく、施主様にとって必要な基準を設定できるというメリットもあります。ちなみに、住宅の性能が等級や数値で表されるので、専門家でなくとも評価が分かりやすいのも特徴です。


    万が一のトラブルには専門機関に対応してもらえる


    建設住宅性能評価書が交付されている住宅については、請負や売買契約についてトラブルが生じた際に、専門機関(国土交通大臣が指定する「指定住宅紛争処理機関」)に紛争の処理を申請することができます。


    地震保険の割引が受けられる


    評価項目のうち「構造の安定」では、耐震性能が3等級で評価されます。耐震等級で最高の3を取得していると、地震保険の保険料が50%割引になります。また等級2でも30%、等級1では10%の割引が適用されます。等級に応じて保険料の割引が受けられるのは住宅性能評価書を取得するメリットと言えます (2020年12月時点)。


    住宅ローンの優遇が受けられる


    住宅性能評価書を取得した場合、金融機関によっては住宅ローンの優遇が受けられたり、特約を付けられたりすることがあります。ローン借り入れを検討している金融機関に相談してみましょう。





    どの分野の住宅性能を重視するかが大事


    住宅性能評価を受ける際には、自分たちがどの分野の住宅性能を重視するかを考えることが大切です。住宅性能表示制度の評価基準には10分野ありますが、その全てで最高の評価を得る必要はありません。住宅性能評価の高い家づくりを行うとなると、その分、建築費用が高くなってしまう場合があります。自分たちの生活において重視する分野の評価は高くして、他の分野は予算を見ながら決めるといったことが重要です。


    ただ、気を付けなければならないのは、家を建てる時点では重要ではないと思える性能でも、将来的には必要になる可能性があることです。例えば、家族に介護が必要になった場合、高齢者が暮らしやすいような家が望まれます。長く住む家ですから、何十年か先のことも想像して、自分たちにとって本当に必要な住宅の性能は何なのかを慎重に考えることが大切です。


    マイホーム購入はとても大きな買い物です。住宅性能表示制度を活用して安心安全な住宅を手に入れるようにしましょう。



    モクハウスは
    安心のポラスグループ


    ポラスグループは、埼玉県越谷市を中心に年間引き渡し2,500戸以上、新築住宅累計4万戸以上の実績を誇ります。地域密着だからこそできる責任一貫施工体制やアフターサービス、不動産事業部との連携が住まいづくりとお引き渡し後の安心をご提供します。
    お近くのショールームへお越しください。





    新座ショールームの入口




    • 新座ショールーム







    春日部ショールームの右側外観




    • 春日部ショールーム







    体感すまいパーク船橋外観




    • 体感すまいパーク船橋







    体感すまいパーク柏外観




    • 体感すまいパーク柏







新座ショールームの入口
  • 新座ショールーム
  • 0120-984-787
  • 埼玉県新座市野火止4-4-41
春日部ショールームの右側外観
  • 春日部ショールーム
  • 0120-98-3334
  • 埼玉県春日部市谷原2-3-24
体感すまいパーク船橋外観
  • 体感すまいパーク船橋
  • 047-419-6144
  • 千葉県船橋市西船1-1-9
体感すまいパーク柏外観
  • 体感すまいパーク柏
  • 04-7195-0116
  • 千葉県柏市旭町8-2-10
PAGE TOP