埼玉、千葉、東京の注文住宅・建て替えならモクハウス(MOK HOUSE) > よくある質問 > 防犯性の高い住宅を選ぶには?

FAQよくある質問

その他
  • 防犯性の高い住宅を選ぶには?
  • 防犯性の高い住宅を選ぶときは、窓やドアといった、住宅の侵入部への防犯対策に注目してください。一戸建てやマンション、アパートなどでも、防犯性に気を遣う住宅が増えています。特に一人暮らしの人や若い女性は、防犯性に気を付けて住宅を選びましょう。



     



    泥棒から狙われにくい家にする





    防犯性の高い住宅にするためには、不審者が侵入をためらったり、侵入を試みたときに時間がかかったりするように対策することが大切です。そのために、割れにくい窓にする、セキュリティの高い玄関ドアを設置するなどの対策を行って住宅の安全性を高めましょう。



     



     



    防犯ガラス



     

    不審者が侵入する場所として多いのが窓です。そのため住宅の防犯性を高めるには窓への対策が重要になります。窓には防犯ガラスを採用するといいでしょう。防犯ガラスとは、ガラスの間に柔軟かつ強靭な中間膜を挟んで加工を施したものです。バールやドライバーなどで無理やりこじ開けようとしても、貫通しにくいつくりになっているので、普通の窓ガラスより優れた防犯性を発揮します。防犯ガラスにできない場合は、窓ガラスに防犯フィルムを貼ることも有効です。また、窓のサッシにロックをかけておくと、万が一窓を破られたときにも、不審者が侵入するまでの時間を引き延ばすことが可能です。



     



     



    玄関へのピッキング対策



     

    不審者が住居に侵入する際に選ぶ場所として、窓以外には玄関が挙げられます。鍵を使わずに玄関から住居に侵入する方法の1つにピッキングがあります。ピッキングとは「ピック」と呼ばれる専用の器具を使うことで、錠を破壊することなくドアを開ける技術です。現在では、ピッキング対策がされたドア用の錠が多数あります。このような錠を採用することに加え、補助錠を設置してダブルロックにすると、防犯性をより高めることが可能です。



     



    この他にも、人感センサー付きライトを付けたり、道路から簡単に入ってこられないように柵を付けたりすることも有効です。なるべく多くの防犯対策を取り入れることで、安心して暮らすことができるでしょう。

PAGE TOP