埼玉、千葉、東京の注文住宅・建て替えならモクハウス(MOK HOUSE) > よくある質問 > 外壁にはどんなものがある?

FAQよくある質問

自分好みの家づくり
  • 外壁にはどんなものがある?
  • 注文住宅を建てる際に選ぶことになる外壁には、サイディング、タイル、塗り壁、ALCなど様々な種類があります。選ぶ外壁によって建物のイメージや耐久性などが変わってくるので、それぞれの特徴を理解して好みに合うものを選びましょう。



     



    外壁は見た目だけではなく耐久性も重要





    住宅の外壁を選ぶ際は、見た目の印象だけではなく、耐久性を考えることも重要です。外壁の大きな役割として、居住空間を雨や風から守るというものがあります。さらに近隣で火災が合った場合に家を守る目的もあり、耐火性も外壁を選ぶ上での重要なポイントになるのです。外壁の種類は色々ありますが、ここでは代表的な5種類を紹介します。注文住宅を建てる際の参考にしてみてください。



     



     



    サイディング





    サイディングとは、板状の外壁材を総称したもので、住宅を建てる際に多く選ばれている外壁のひとつです。サイディングには様々な種類があり、セメントと繊維質を混ぜて板状に成型した窯業(ようぎょう)系、アルミやガルバリウム鋼などの金属を原料にした金属系、木材を原料にした木質系などがあります。軽量でありながら耐久性に優れ、製品コスト・施行コストを抑えられるというメリットもあります。またタイル調、木目調、レンガ調など、デザインの種類も豊富となっています。



     



     



    塗り壁





    一般住宅の外壁として古くから用いられているのが塗り壁です。塗り壁は住宅の壁一面を継ぎ目なく覆うことができ、色や塗り方のパターンも豊富です。そのため外壁にオリジナルの模様を描くことが可能です。



     



     



    タイル貼り





    タイルとは粘土に様々な鉱物を混ぜ、焼成して作られる外壁素材です。そのため、耐久性、耐火性、耐候性に優れているといった特徴があります。タイルは他の外壁に比べて工事費用が高くなりますが、傷が付きにくく色落ちもしにくいため、施行後は長期にわたってメンテナンスの必要がありません。



     



     



    ALC





    ALC(Autoclaved Lightweight Concrete)は、軽量気泡コンクリートの一種です。気泡を多く含んでいるため、非常に軽い外壁素材となります。ALCは耐火性が高く、加工が簡単という特徴があります。



     



    この他にも外壁には、木板、焼き杉、石を使った外壁、土壁などといった種類があります。注文住宅を建てる際には、コストや性能を考えつつ自分の理想に合ったものを選びましょう。



     

新座ショールームの入口
  • 新座ショールーム
  • 0120-987-787
  • 埼玉県新座市野火止4-4-41
春日部ショールームの右側外観
  • 春日部ショールーム
  • 0120-98-3334
  • 埼玉県春日部市谷原2-3-24
体感すまいパーク船橋外観
  • 体感すまいパーク船橋
  • 047-419-6144
  • 千葉県船橋市西船1-1-9
体感すまいパーク柏外観
  • 体感すまいパーク柏
  • 04-7195-0116
  • 千葉県柏市旭町8-2-10
PAGE TOP