埼玉、千葉、東京の注文住宅・建て替えならモクハウス(MOK HOUSE) > お役立ちコラム > 建売住宅のメリットデメリット

COLUMNお役立ちコラム

建売住宅のメリットデメリット
建売住宅のメリットデメリット

建売住宅のメリットデメリット
■建売住宅のメリット

建売住宅のメリットとして、購入の手続きが注文住宅より簡単であることが挙げられます。
売主業者が建てた住宅を土地と一緒に購入するので、契約時の流れはマンションや中古住宅の流れと同じであるため、比較的容易になります。
注文住宅とは違い、打ち合わせなどで時間を取られることが少なく、スムーズに購入することができます。
建売住宅では、購入の価格が明記されています。間取りや、設備・仕様もあらかじめ決まっていますので、仕上がりイメージが付きやすくなっています。

完成物件を確認することができるので、イメージに沿ってお選びいただくことが可能です。
日当たりや建物周りの環境、騒音などお住まいになった後のことが体験できることは
非常にメリットです。
実際にお住まいになるイメージを持ちながらお話を進めることができるので、スムーズに物件見学ができます。

建売住宅のメリットデメリット
建売住宅のメリットデメリット
■建売住宅のデメリット

建売住宅のデメリットとしては、必ずしも要望通りに設計されているわけではないため
入居後に生活導線などでお困りになることがあります。
毎日の暮らし方に影響します。購入する前には、妥協せずお選び頂きたいと思います。

また、建築過程において、確認することができないので、材料や工事方法などを事前に確認頂くように注意して頂きたいと思います。
ただ、最近は消費者ニーズにおいて、間取り、設備、仕様は消費者に好まれやすいものを提供する傾向にあります。

後悔しない住宅の取得には、事前調査がとても大事になります。
買い手の責任において販売会社や家を選び、お住まいの間のメンテナンスを行わなければなりません。

自分だけで判断せず、専門家の知識や知恵を取り入れて理想のお家を建設してください。
理想の家づくりをお手伝いいたします。

PAGE TOP