埼玉、千葉、東京の注文住宅・建て替えならモクハウス(MOK HOUSE) > お役立ちコラム > 新築一戸建ての費用

COLUMNお役立ちコラム

新築一戸建ての費用
新築一戸建ての費用

さて、新築一戸建てを「建てるぞ!」と心に決めた皆さん。「あれ?そういえば一戸建ての費用って何がかかるんだろう?」って考えたことはありませんか?
例えば、[2,000万円の土地]に、[坪単価50万円の建物]を[30坪]で建てる場合、2,000万円+1,500万円(50万円×30坪)=3,500万円。と考える人が多いのではないでしょうか?
そんな、新築一戸建てにかかる費用を、項目に分けてご説明します。

①まずは、「2,000万円の土地」を購入する場合にかかる費用です。

項目かかる費用の内容概算費用
1土地を「選ぶ」申込金約10万円
2土地を「契約」手付金約100万円
3土地の「引き渡し」・残金[2000万円-申込金-手付金]
・仲介手数料[3%+6万円+税]
・1,890万円
・約70万円
4登記費用所有権の移転登記、表題登記約40万円
5解体費用・整地費用解体整地費用
※建物がある場合のみ
約100万円
6敷地の測量・地盤調査敷地調査費、地盤調査費約10万円
合計費用約2,220万円

②続いて、新築一戸建てを検討する際、ほとんどの方は「住宅ローン」をご利用になると思います。実は住宅ローンにも色々な費用がかかってくるのです。

[2,000万円の土地+1,500万円の建物の場合]

項目かかる費用の内容概算費用
1ローン事務手数料ローンの借入手数料約10万円
2住宅ローン保証料借入の際に保証会社と契約約70万円
3収入印紙代借入契約書に貼付約2万円
4火災保険料・地震保険料借入の条件として加入が必須約30万円
5登記費用抵当権の設定登記約20万円
合計費用[借入額3,500万円を想定]約132万円

こちらも、皆さん意外と盲点ですよね?住宅ローンを利用するだけでも別途で約132万円ほど費用かかかるのです。


③続いて、、「1,500万円の建物」を立てる場合にかかる費用です。こちらが皆さんが一番分かりづらい部分だと思います。

項目かかる費用の内容概算費用
1建物本体工事費用建物本体の基本工事費用1,500万円
2つなぎ融資費用※つなぎ融資の手数料と利息約30万円
3玉串料建築前の地鎮祭で宮司さんに渡す約3万円
4地盤改良費用軟弱地盤の改良費用約100万円
5付帯工事費用外部給排水、電気など約50万円
6仮設・産廃処理費用等仮設工事、警備、安全対策、産廃処理など約80万円
7確認申請・その他諸経費各種申請費、設計費、構造計算など約70万円
8水道取り出し、ガス工事水道管の引き込み・ガス工事
※水道引き込みは無い場合のみ
約80万円
9インテリア工事費照明、エアコン、カーテンなど約100万円
10外構工事費用カースペース、植栽など約100万円
11消費税(8%)本体工事と3~9に8%
※かからない項目も有ります。
約150万円
12登記費用建物保存登記、住所変更登記など約20万円
(解体費用・整地費用)※解体整地費用
※建物がある場合のみ
(約150万円)
(敷地の測量・地盤調査)敷地調査費、地盤調査費(約10万円)
合計費用 ・建物+土地(建物のみ※)約2,283万円
(約2,443万円)

※つなぎ融資・・住宅ローンは通常「引き渡し」と同時に融資が行われます。土地と建物は[引き渡し」の時期に差が出てきます。その引き渡し時期の「間」を埋める融資のこと。
※建物のみの工事の場合はかかります。

以上のように、1,500万円の建物を検討する場合、別途783万円の費用がかかることになります。


①~③を合計すると、新築一戸建てに別途かかる費用は「220万円+132万円+783万円」の合計で1,135万円かかることになります。もちろん、「解体」「造成」「保険」「地盤改良」「取り出し」「インテリア」「外構」など、場合によってはかからないものも多数ありますので、これまでの説明は全て費用がかかってしまった場合を想定した内容としています。

また新築一戸建ての引き渡しのあとにも、引っ越し代や、家具を新しく購入する場合もお金がかかります。

新築一戸建てを検討する際は、何にどんな費用がかかってくるのか、かからない費用は何なのかをしっかり確認していくことが大切です。

PAGE TOP