埼玉、千葉、東京の注文住宅・建て替えならモクハウス(MOK HOUSE) > お役立ちコラム > 新築一戸建て・建売分譲の違い

COLUMNお役立ちコラム

新築一戸建て・建売分譲の違い
新築一戸建て・建売分譲の違い

一戸建てを探そうと決め、いざ物件を探そうというとき注文住宅にするか、建売住宅にするかと選択肢ができます。そしてその違いは何だろうと考え選ぶことと思います。

何が違うのかわからないと思われるお客様も多くいらっしゃると思いますので、その違いを理解いただき、自分が選ぶ家とはどういう住宅なのか考えましょう。

新築一戸建て・建売分譲の違い
■新築一戸建て(注文住宅)

新築一戸建ては、設計・施工を住宅会社、工務店などの施工会社に依頼し、建設することです。
建設する際の自由度が高く、間取りや広さはもちろん、部材や設備など希望通りに建設することが可能です。
希望通りのお家を建設することができるので、ライフスタイルに合わせた間取りの選定ができ、納得いくまで考えることができます。
ただし、こだわりすぎてしまうと設計の変更で追加費用がかかってしまったり、
良い設備を入れようとすると予算オーバーになりますので、予算内で出来るように設計しましょう。

建設段階から工事の過程を見ることができるので、使用する材料を確認したり、
どういう工事・作業をしているのかわかるのが建売住宅との違いです。
将来のライフスタイルに合わせて設計できるので、増改築や設備の変更などがしやすい設計を考えることができることも特徴です。

新築一戸建て・建売分譲の違い
新築一戸建て・建売分譲の違い
■建売分譲

建売分譲は、土地と建物を一緒に購入することです。
あらかじめ決められている設計で建設し、ほとんど完成に近い状態で販売されるため、
価格は注文住宅よりも建売住宅の方が安く抑えることができます。
設計などはあらかじめ決められており、注文住宅より設計の自由度はありません。
実際の建物や間取りを見て購入したい方や、短期間での入居を希望している方は建売住宅の方がよいでしょう。

完成している物件が多く、実際の設備の使用感や生活導線の確認は見学時に行えますので、
入居後のイメージをしやすいのが特徴です。
ただ、すでに建設されていることから家の構造や使用した材料を確認できませんので、
建売住宅の場合はあらかじめ確認しておくとよいでしょう。

注文住宅・建売住宅はそれぞれに特徴があります。
自分が家に求めているものが多くあてはまる住宅を選びましょう。
一生に一度の大きな買い物になるのが住宅購入です。
後悔しないためにもしっかりと考えていきましょう。

PAGE TOP