埼玉、千葉、東京の注文住宅・建て替えならモクハウス(MOK HOUSE) > お役立ちコラム > 新築一戸建て、中古住宅のメリットデメリット

COLUMNお役立ちコラム

新築一戸建て、中古住宅のメリットデメリット
新築一戸建て、中古住宅のメリットデメリット

新築・中古一戸建ての購入で悩んでいる方が多くいらっしゃることでしょう。
今回、購入後に後悔をしないために【新築一戸建て、中古一戸建てのメリット・デメリット】を参考程度ではございますが、ご紹介させて頂きます。
住宅購入のお役に立てて頂ければ幸いでございます。

新築一戸建て、中古住宅のメリットデメリット
【新築一戸建てのメリット・デメリット】

■メリット
・家が新しく未入居の物件である。
・自分好みの間取り、暮らし方に合わせた住まいづくりができる。
・最新の工法で建築するので安全である。

新築の場合は10年間の「瑕疵担保責任」が義務付けられているので、引渡日から10年間は無償で主要構造部分の保証を受けることができ安心です。

また、新築一戸建ての購入は税制面で優遇されます。例えば「住宅ローンの控除」や「固定資産税の軽減」など、さまざまな税制面での軽減措置が設けられています。

■デメリット
・中古一戸建てよりも購入費用が高い。
・建築中の物件だと実物のイメージがしにくい。
・計画から建設までの工期が長い。

デメリットは土地と建物を一緒に購入しますので、中古と比べると、
購入費用が高くなってしまいます。
新築の場合、引っ越しのタイミングで新しい家電製品に買い替えたり、中古ではつけられないオプション仕様を選ぶこともあり、予算オーバーになってしまい、あきらめなくてはいけないこともあります。
新しさにとらわれず計画しましょう。

新築一戸建て、中古住宅のメリットデメリット
新築一戸建て、中古住宅のメリットデメリット
【中古一戸建てのメリット・デメリット】

■メリット
・新築と比べて、購入価格が安い。
・実物を見て購入できるので、管理状況など把握しやすい。
・すぐに住むことができる事が多く計画を立てやすい

■デメリット
・建物が古く、リフォームや修繕費がかかる場合がある。
・地盤や基礎など住宅の見えない部分があり、その状況がわからない。
・新生活を始めるという新鮮さがない
・新築に比べて、税制面の優遇が少ない
中古住宅にはリフォーム済みの物件等がありますが、一般的に内装や柱、骨組みはそのままの状態が多くみられます。
建物の強度や補強の部分も専門家に相談する等確認の必要があります。

メリット・デメリットは、お客様一人一人違うものです。
自分へのメリット・デメリットをお考えいただき、ご希望に合わせた物件に巡り合えることを願っております。

PAGE TOP